奥原希望決勝進出ならず!メダルは3決に持ち越し

希望って素晴らしい名前ですよね。

今大会、奥原希望はまさに日本バドミントン界の『希望』ですね!

リオデジャネイロオリンピックバドミントンの女子シングルで日本の奥原希望が悲願の決勝進出を目指しましたが・・・

セットカウント2-1

でインドの長身選手P.V.シンドゥに破れました・・・

いやー・・・
勝負の分かれ目は1セット目でしたね。

準決勝の相手、P.V.シンドゥはタッチが早く179センチの長身を生かした角度のあるショットを武器にしていました。

世界ランクは10位で、今大会は絶好調で準決勝まで来た選手みたいですね。

1セット目、奥原希望は終始押されっぱなしでした。

相手選手のタッチの速さ、ショットのスピード正確性に粘り切れず、最後は相手の調子を載せての敗北でした・・・

悔しいですねー・・・
明日の3決は気合で勝利してほしいですね!



【スポンサードリンク】


押された展開だった1セット目

1セット目は相手のP.V.シンドゥが好調でした。
速い展開にもついてきましたし、背の高さを生かして、奥原の打つタイミングの速いショットを切り返して決めてきました。

この大会にかける思いの強さが伝わってくるプレーでした。

ただ、1セット目の終盤から徐々に奥原にペースが移り始めたかなという内容。

長いラリーで微妙に相手の攻撃のタイミングを外す展開が見られ2セット目に期待が持てるなという感じでした。

が・・・
やはり勝負の分かれ目は1セット目の17-17あたりでしたねー・・・

あくまでも結果論なのでこれはもう仕方ないですね・・・

【スポンサードリンク】

長いラリーと相手のタイミングを外すショットで展開を変えようとした2セット目

2セット目序盤は相手選手に3ポイント連取されて焦る展開・・・

かと思いきや、そこから奥原が3-3としてその後は10-10あたりまでシーソーゲームでした。

「このままラリーを続けていけばいけるんじゃないか」

なんて、多分見ている人は皆思っていたでしょう。

しかし、ここから相手がショットの切れ味と正確性を増してきます。

奥原も終始粘ろうとしていたのですが・・・

ここで微妙なコントロールが利かず、相手のリーチにつかまってしまいました。

それによって相手が調子に乗り始め、終盤の10-16あたりで奥原の気持ちが切れてしまいましたね・・・

今大会、日本は最後まで諦めないで勝利をもぎ取ってきた人が多かったので、奥原選手には大変申し訳ないのですが、これには少しがっかりしてしまいました・・・

そのまま何もできず10-21でゲームセット・・・

奥原は3決に回ることになりました。





敗因は?

これを考えるのは私の仕事ではないのですが、いくつか考えられる要因があるので参考までに。

・準々決勝の同国対決で疲労が残ってしまった
・準々決勝の同国対決と準決勝の相手のプレースタイルが違い過ぎた
・手術した膝の状態に違和感があった

こんなところでしょうか。

一つ目ですが、準々決勝の日本対決でフルセットをやって、疲労があったのかもしれません。
相手は山口茜選手という日本女子若手のホープでした。

で、彼女も奥原も粘りが身上の選手で似ているので長い試合になってしまったんですよね・・・
これが全体的に疲労としてきてしまったのかなと。

で、疲労による微妙な誤差が肝心なラリーのショットの精度やスピードの甘さになってしまったと考えられます。

二つ目は、同国対決の選手と準決勝の相手がプレースタイルが異なりすぎて対応しきれなかったということです。
これは、トップ選手ではあってはならないと思うのですが、実際はイメージが残ってしまうものなのかなと。

山口選手はラリー型、準決勝のインド選手はアタック型だったので、そのイメージのギャップに苦しめられたのかなと思います。

三つ目、これは推論の中でも更なる推論になるのですが、この試合、奥原は何度か球を追って転ぶシーンがあったんですね。
これは単にぎりぎりでプレーしているからかもしれないのですが、ちょっと多かったかなと。

何か、足のどこかをカバーして、衝撃のかからないように逃がしているように見えました。
だから、相手が2セット目にギアを上げた時についていけなかった可能性があるんですよ。

これはもう仕方ないなと思います。
奥原は二度程膝を手術しているようなので、大会の疲労と重なって、最後持ちこたえられなかったのかもしれません。

とバドを部活で6年ほどかじった筆者の考察でした。

とにかく3決があります。

まだもう一試合あるわけですから、精一杯頑張ってほしいですね!

それが明日へ、4年後へつながっていくわけですからね。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェタイム編集部

カフェタイム編集部

カフェでおなじみのドリンクや少しコアな話、カフェ情報などカフェに関連する情報を気ままに提供しています。