奥原希望が銅メダル!おめでとう!お疲れ様!

2016年8月19日

この日は日本バドミントン界にとって新たな時代の幕開けですね!

タカマツペアの金に続き

奥原希望が銅メダル!

3決が予定されていたのですが、相手選手の棄権ということで、奥原希望が銅メダルを獲得する運びとなりました!

奥原希望本人も含め、不戦勝ということで少し素直に喜べない所があるかもしれません。

だけど、これってめちゃくちゃ快挙ですよ!

昨日のタカマツペアの金メダルに比べたら・・・

とかいう人いるかもしれませんが、シングルってのはまた別です。

完全に個人の身体能力勝負になるので、体格やパワーに見劣りする日本人には圧倒的に不利とされていました。

で、そんな前提条件がありながら、今回日本女子シングルスは大快進撃をしてきたわけです。

奥原希望山口茜の両選手の活躍は皆さんも記憶にめちゃめちゃ新しいでしょう。

不運の同国対決があり、山口選手はベスト8にとどまりましたが、正直可能性は奥原以上だったかもしれません。

いずれにせよ、奥原が21歳、山口が18歳なので、これは4年後の東京もかなり面白いことになると思いますね!

そういう期待を色々抱かせてくれた今回のリオオリンピックバドミントンですが、やはり何もないのと銅メダルでもあるのとでは

4年後に向けたモチベが違いますね。

そういった意味でも今回の奥原希望の銅メダルは、例え不戦勝だったとしても価値があります。

もしかして普通に戦っていたら負けていたかもしれない相手でしたが・・・

 

奥原希望、本当におめでとう!

で、ここから先は4年後への課題とか徒然なるままに。



【スポンサードリンク】


4年後への課題

「課題なんてありません!」という言葉を仮に言ってしまったら、その選手に伸びしろがないって事になるので、そんな酷なことはないですよね。

奥原選手は今大会非常に素晴らしい試合運びでファンを沸かせてくれました。

基本的な技術とかそういうのはもう文句ないと思うんですよ。
メンタルもめちゃ強い。

じゃあ、他に何処を改善するの?
って話なんですが、もうないかもしれません(笑)←おい

4年後が日本じゃなかったらあるんですよ。

それは「風」ですね。
準決勝、1セット目の重要な場面で、奥原希望は見送った球がインというミスを犯して、セットを落とすんですね。

今大会も含めバド選手の著名な方々は皆さん「風風」と仰います。

私よりもずーっとうまい人達の繊細な感覚からすれば確かに重要と思いますが。

ただね一つ気付いたのは、風風言ってる選手たちって、ホントこんなこと言うの申し訳ないんですけど、

快挙の一歩手前までしか行けなかった選手たちなんですよね。

昨今結果を出している選手たちは『風』のはなしなんておくびにも出さない。
だって『風』の条件って基本的に相手選手も同じですからね(笑)

日本ってバドに限らず若干ナーバスというか被害妄想激しいところありますよね。

まあ、それは置いておいて。

本題に戻すと、奥原希望はこの大事な局面で『風』を意識したと思うんですよ。
というかね、これ多分コーチ陣とかにも言われてるのかもしれないから、よけいにそういう意識したんだと思うんです。

で、それが最終的に命取りとなった。

要は何が言いたいかって、『風』とかうるせえよって話なんです。
そんなものを頭にこびりつかせてしまったから、あの大事な局面で奥原は意識を『球を返す』ことじゃなくて『風に頼る』事にしたんですよね。

それが敗因だった。

多分こういう捉え方はバドの首脳陣も殆どできないんじゃないかな。

『風』のせいにしちゃうから(笑)



【スポンサードリンク】


タカマツにあって奥原になかったのは・・・

奥原に今回足りなかったのは『守破離』でいうところの最後の『離』かなと思います。

タカマツペアにはそれがあったんですよね。
だから、快挙を成し遂げた。

解説者が
『普通これだけの差がついたら・・・』
『普通あんなミスジャッジされたら・・・』
『あんな風が吹いて球が入ってきたら・・・』

そう考えたとしても彼女たちはそんな意識のさらに先へ進んでいた。
だからビハインドにもダブルタッチの不利な判定にも負けなかった。

奥原に足りなかったのはそういうところかなと。

で、4年後の東京は風はあまり心配ない気がします。
というのも日本の神経質な選手に配慮しますから(笑)

ほんと温室育ちというか・・・

まあいいです。

ただ、他の危険要素やハプニングは起こるかもしれない。

その時、奥原がそれを超えられれば、その時は表彰台の一番高いところに間違いなくいけます。

是非4年後は表彰台の一番高いところを目指してほしいですね。

山口も成長するから1,2フィニッシュとか、あるいは他の選手も台頭して最大出場選手数迄いければ1,2,3フィニッシュとかありうるかもなあと期待しています。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェタイム編集部

カフェタイム編集部

カフェでおなじみのドリンクや少しコアな話、カフェ情報などカフェに関連する情報を気ままに提供しています。