ミルクティー・カフェオレ好きに!ダイエットの妨げにならない、ミルクティー・カフェオレの飲み方

検索サイトで、“カフェオレ”“ミルクティー”と検索すると、“太る”“ダイエット中”“カロリー”という言葉がたくさん出てきます。

ということは、“ダイエット中だけど、カフェオレやミルクティーがやめられない!カロリーが気になる!”という方が結構いらっしゃるのではないでしょうか?

大好きなカフェオレやミルクティー、ダイエット中だからといって、急にはやめられないですよね。

そんな方のために、少しでもダイエットの妨げにならないカフェオレ、ミルクティーの飲み方をご紹介します!



【スポンサードリンク】


ミルクティー、カフェオレのカロリーの決めては使うミルクの種類!

基本的に、コーヒーも紅茶も何も入れずにそのまま飲むのであれば、ローカロリーですので、ダイエット中でも問題ありません。

しかし、そこにミルクと砂糖がたくさんプラスされる為に、カロリーが高くなります。

まずは、ミルクから考えていきましょう。

一般的には、牛乳をお使いの方が多いかと思います。

牛乳にも種類があり、よくスーパーで見かけるのは、牛乳、低脂肪牛乳、無脂肪牛乳、成分調整牛乳、乳飲料、などがあります。

牛乳の種類によって、カロリーが変わってくるのはご存知ですか?

【200ml当たりの栄養成分】

牛乳   137kcal

低脂肪牛乳 99kcal

無脂肪牛乳 86kcal

乳飲料  82kcal

上記のように、この中では牛乳のカロリーが1番高く、乳飲料のカロリーが1番低いことがわかります。

カフェオレやミルクティーを牛乳で作る場合は、乳飲料が1番カロリーを抑えた作り方です。

また、豆乳を代用するのも良い方法です。

豆乳は、無調整豆乳と、調整豆乳があります。

それぞれカロリーは、

無調整豆乳 92kcal 

調整豆乳 108kcal

です。

牛乳の種類によっては、豆乳の方がローカロリーという場合もあります。

豆乳が苦手という方は、牛乳とミックスすると飲みやすくなります。

お好みでご自身にあったお味を是非探してみてくださいね。

では、もっとカロリーが低いミルクはないのでしょうか?

それは、今大注目のアーモンドミルクです!

アーモンドミルクは、アーモンドと水をミキサーにかけて、漉したものです。

そのカロリーは無調整であれば、200mlで40kcalです。

最近スーパーで目にはするものの、中々試している方も少ないのではないでしょうか?

コクもあり、濃厚ですので、コーヒーや紅茶にも非常に相性が良いんですよ。

ここまでミルクについて見てきましたが、“やっぱりミルクだけじゃ物足りない!甘さも欲しい!”という方もいらっしゃると思います。

カフェオレやミルクティーに加える、甘さのポイントを見て行きましょう!

甘いけどカロリーを抑えたい!カフェオレ、ミルクティーにプラスするならコレ!

いつもカフェオレやミルクティーを飲んでいらっしゃる方は、ガムシロップか、グラニュー糖をお使いではないでしょうか?

カロリーはそれぞれ、一般的な大きさで、

ガムシロップ 13g 36kcal

スティックシュガー 5g 19kcal

です。

では、これよりローカロリーで、ダイエット中にも嬉しいものはあるのでしょうか?

調べてみると、

蜂蜜 14g 41kcal

メープルシロップ 10g 26kcal

黒砂糖 5g 18kcal

などが挙げられます。

グーンとローカロリーになるものは少ないです。

しかし、お気に入りのものを見つけ、徐々に甘さの量を減らし、甘さ控えめに慣れていくとより良いのではないでしょうか?



【スポンサードリンク】


がぶ飲み厳禁!最後に見直そう!カップの大きさ!

ここまで、カフェオレ、ミルクティーに入れるミルクや、お砂糖について見てきました。

しかし、いくらカロリーを少し減らしたからといって、たくさん飲んでしまっては、意味があまりなくなってしまい、ダイエットの妨げにもなってしまいます。

カップの大きさを少し小さなものにし、少しでもカロリーを減らす事も大切です。

また、一気にがぶ飲みをしてしまうのも、沢山量を飲んでしまう原因にもなります。

出来れば、温かいカフェオレやミルクティーをゆったりと飲む方が良いでしょう。

まとめ

ダイエット中でも、“カフェオレやミルクティーを飲みたい!”という方は、是非、ミルクやお砂糖の種類と量、そして飲む量に気をつけてみてください。

ダイエットを開始したばかりで、すぐに体重が落ちるわけではありません。

カフェオレもミルクティーも、とても美味しく魅力的な飲み物です。

是非いつも2杯飲んでいるカフェオレやミルクティーのうち、どちらか1杯をローカロリーの入れ方で試してみてください。

徐々に徐々に、甘さ控えめな味にも慣れてくるでしょう。

きっとその頃には、あなたのダイエットの成果が見えてくるはずですね!

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。