ココアのカフェインは妊娠中にケアすべき?安心してココアを楽しもう!

【スポンサードリンク】

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのことを考えて、いつも以上に自分の身体に気を遣う、

妊婦さんたち。でも、妊娠中は、ただでさえ、精神的にも身体的にも不安定。

身体に良いイメージのココアでさえも、飲んじゃいけないの?

妊娠中は、カフェインは控えましょうとは言うけれど、癒し系ドリンク!

ココアでさえもカフェイン飲料ですからね!妊娠中に摂取してもいいカフェイン量や、

ココアを飲むことで妊娠中の身体にどんなメリット、デメリットがあるのか?

知っておきたいと思いませんか?いがいと知られていない情報を細かく知ることで、

妊娠中でも、カフェインを含むココアが安心して飲めますよ!





①妊娠中は、ココアも飲んじゃダメ?

妊娠中は、カフェインを含むコーヒーや紅茶などの摂取を控えるように言われますが、

これもダメ、あれもダメ!と我慢の連続ではストレスが溜まってしまいますよね?

では、妊娠中にカフェインを控えた方が良い理由とは?

まず、カフェインには、中枢神経を興奮させる作用があるため、大量に摂取すると、

不眠や筋緊張などを引き起こすと言われています。

眠気防止に、仕事中や運転中にカフェイン飲料などを摂取して乗り切った!

という経験をお持ちの方も多いのでは?

健康な体にも、このような作用をもたらすカフェインですから、

妊娠中の体では、カフェインの分解に時間を要することから、

胎盤を通じてカフェインが、赤ちゃんにまで移行しやすくなります。

その結果、胎盤の血流が悪くなり、赤ちゃんの成長に必要な栄養や酸素が十分に

送られず、胎児に悪影響を及ぼすことになるのです。

では、コーヒーや紅茶は控えて、甘いココアでほっと一息つきたいところですが、

体に良いイメージのあるココアでさえも、カフェイン飲料。

妊娠中は、ココアも飲んではいけないの?と、気になる方も多いのでは?



【スポンサードリンク】


②妊娠中のココアのメリットは?

様々な食品に含まれているカフェインを、まったく摂取しない生活というのは、

難しい話です。では、一日にどのくらいのカフェイン摂取量であれば、

妊娠中であっても問題ないのか?

日本では、具体的な数字は発表されていませんが、一部の国、例えば、

英国食品基準庁では、1日200mgを超えないようにと言われている

そうです。ココア一杯分のカフェイン含有量は、コーヒー、紅茶、緑茶に比べて、

圧倒的に少ない数字です。

更に、ココアと言えば、抗酸化作用のあるカカオポリフェノールが注目され、

身体に良い飲み物だという認識をお持ちの方が大半でしょう。

では、妊娠中にココアを飲むことで、どんなメリットがあるのでしょうか?

妊婦さんにもうれしいココア効果とは?

まず、ココアに含まれるカフェインの一種でもあるテオブロミンには、脂肪を分解する

働きや、利尿作用があります。この作用は、妊娠中のどうにも食欲が止まらなくなる

状態や、気になるむくみに対するお悩み解消に一役買ってくれるはず。

更に、食物繊維も豊富なので、腸の働きを促し、便秘解消にもなりますよ。

また、テオブロミンには、カカオポリフェノールとともに、血管を拡張させる効果が

あります。その為、手先・足先などといった身体の末端部分への、血液循環を促進。

身体を温めてくれる効果も加われば、冷え性も解決!

このほか、特に妊娠中は女性ホルモンの影響で、お肌のターンオーバーが乱れて

シミが増えてしまうこともありますので、カカオポリフェノールが持つ抗酸化作用

による、シミ対策も期待できます。

そして、ココアから受けるイメージ通りの、ほっと一息リラックス効果も、

自律神経を調整して、気持ちを安定させてくれる、テオブロミンのなせるわざ。

このほかにも、ココアには鉄分、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルも豊富なので

妊娠初期から妊娠中の、ホルモンの影響によってもたらされる、気分の浮き沈みや

イライラを整えるには、もってこい!

③ココアを飲むときに、気を付けたいポイントは?

妊娠中でも、ココアを飲むことで得られるメリットがたくさんあることが、

わかりましたが、ココアもカフェイン飲料であることには、間違いありません。

そこで、妊娠中でも、安心してココアを飲むためには、摂取量や飲む時間帯など

に注意しましょう。

ココアのリラックス効果をあげるために、甘くして飲みたい方が多いと

思いますが、妊娠中は、カフェイン摂取量だけではなく、お産や授乳の際のトラブルを

避けるために、糖質と脂質の取りすぎにも気をつけたいもの。

ココアの糖質や脂質についても考慮すると、だいたい一日に2杯程度が

好ましいでしょう。

ココアを飲むタイミングですが、体温が低い朝の一杯がおすすめです。

妊娠中の体重が気になる方は、特に夜よりも朝ココアがベスト!

市販の砂糖やミルク入りのココアも、お手軽ですが、純ココアの粉であれば、

粉や砂糖の量を調節したり、または砂糖の代わりにオリコ糖などを使用したりと、

アレンジも自在。

妊娠中のココアを、安心して生活に取り入れられると良いですね!

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェママ

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 8 =