純喫茶とカフェ、違いについてお答えします

【スポンサードリンク】

みなさんは純喫茶とカフェの違いを知っていますか?

どちらも喫茶店の呼称で、純喫茶は昔ながらの喫茶店、カフェは比較的新しい店舗。

そう使い分けている方もいるのではないでしょうか。

ただ単に、レトロな店構えの喫茶店を純喫茶と呼ぶこともあるかと思います。

しかし、実際は見た目だけでは純喫茶とカフェの違いを判断することは難しいのです。

この2つの言葉を使い分けるために、今回はそれぞれの特徴や違いについてご紹介!

喫茶店の歴史によって生まれた違いや、法律的な違いから「純喫茶とカフェの違い」について調べてみました。

見た目だけでは判断できないポイントや意外なポイントもあり、違いを知ることでより「喫茶店」を楽しめること間違いなし。

純喫茶とカフェ、この2つの違いはコーヒー好き、カフェ好きなら知っておいて損はありません。

ぜひ最後までご覧になってみてくださいね。





純喫茶の定義とは?

純喫茶とは、どのような喫茶店のことを示すのでしょうか。

それを知るにはまず「喫茶店」が時代とともにどのような変遷を遂げたのかを知る必要があります。

日本で「喫茶店」がはじめてオープンしたのは、明治中期のことです。

その頃の喫茶店は、文化人が集まり、コーヒーを嗜みながら交流を深めるという「サロン」としての役割のものでした。

明治後期になるとフランスのカフェを模したより大衆的な店舗が広まります。

そして、大正~昭和初期になると昼間はコーヒー、夜にはアルコールを提供するといった形態の店舗が増加。

さらには現代のクラブやスナックのような「接待サービス」などを行う店舗が現われ、喫茶店そのものに不純なイメージがついてしまいました。

「喫茶店」という呼び名だけでは、純粋にコーヒーや紅茶を楽しむ店なのか、アルコール等を楽しむ店なのかの判別がつかなくなったのです。

美味しいコーヒーをじっくりと楽しみたい方にとって、このようなイメージがついてしまうのは困ったことですよね。

そこで、アルコールの提供が無くコーヒーや紅茶を楽しむ店舗を『純喫茶』と呼び、区別することにしました。

現代では、接待サービスを行う店舗は喫茶店というジャンルには入りません。

しかし「漫画喫茶」や「インターネットカフェ」などのように、飲食物の提供にプラスアルファのサービスを行う業態が増えたのもあり、

『純喫茶』という呼び名は今日まで残っているのです。



【スポンサードリンク】


カフェはどういうお店を指すの?

では『カフェ』とはどのようなお店を示すのでしょうか。

日本では多くの方が『カフェ=喫茶店』と考えていると思います。

そもそもカフェとは、フランス語でコーヒーという意味。

これが転じて、コーヒーを提供する飲食店のことも「カフェ」と呼ぶようになりました。

日本でも同様で、コーヒーや紅茶を楽しむことが出来る飲食店のことを総じて「カフェ」と呼んでいます。

そのため前述したように『カフェ』と『喫茶店』は同じものと考えられているのです。

しかし、法的にはカフェと喫茶店は別のもの。

その違いは「営業許可」にあります。

カフェの営業を行う際に必要な申請は「飲食店営業許可」なのに対し、

喫茶店の営業許可は「喫茶店営業許可」を取得することで開業できます。

この2つの大きな違いは「アルコール提供の可・不可」と「加熱以外の調理が可能かどうか」で、

飲食店営業許可が必要なカフェでは、アルコールと加熱以外の調理法で作られた料理ができます。

喫茶店営業許可ではアルコールの提供が出来ないことに加え、加熱以外の調理による料理を出すことができません。

前述した「純喫茶」はこちらに当てはまりますよね。

これらのことから、カフェとはコーヒーや紅茶を中心に、アルコールや多様な料理を提供することも出来る飲食店といえるのです。

違いは実はあいまいだった?!

2つの営業許可と、その違いについて紹介しましたが、ここで疑問を感じた方もいるのではないでしょうか?

“○○喫茶店”というような店名なのにアルコールの提供があったり、逆に“カフェ○○”という店名でもアルコールや料理の提供を行っていない店も有ります。

実は喫茶店営業許可を取得したから「喫茶店」を名乗らなければならない、という決まりはないのです。

そのため、店名だけでは法律上の「喫茶店」なのか「カフェ」なのかは判断できません。

判断するためには、アルコールの有無や飲食メニューを確認する必要があるんです。

結局、純喫茶とカフェの違いは外観や店名では判断し辛いものということになります。

モダンレトロな外観でもアルコールの提供が有る場合には本来の意味で純喫茶とは呼べません。

最近では1970年よりも以前からそのままの形で営業しているレトロな喫茶店を純喫茶と呼ぶことも。

このように「純喫茶」という呼び名は使う人の意識によって定義が変わってしまいます。

あいまいな使われ方をしているからこそ、本来の「純喫茶」がどのような喫茶店のことを示していたのかを覚えておいてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

純喫茶とカフェの違いについて、楽しんでいただければ嬉しいです。

カフェブームの中で、レトロな店構えが多い純喫茶にも注目が集まっています。

今回の記事を参考に好みの『純喫茶』を探し、お店巡りをしてみるのもおススメです。

ぜひお気に入りのお店を探してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェママ

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。

ABOUTこの記事をかいた人

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。