コーヒーでダイエットを成功させるコツは?

コーヒーがダイエットに有効というのは、
コーヒー好きでダイエットに興味がある方なら、
知っている方もたくさんいらっしゃることでしょう。

コーヒーは毎日欠かさず飲む!
ダイエットにも取り組んでいるし、日々、意識している!
という方は、是非、成功に導くコツをつかんで、
コーヒーも楽しみながら、ダイエットもできれば、
一石二鳥になるはずです。

コーヒーでダイエットには、メリットもたくさんありますが、
成功するためのコツだけでなく、体に負担とならない様に、
注意点も見ていきたいと思います。



【スポンサードリンク】


コーヒーがダイエットにどう効果的か?

コーヒーの成分として代表的でなものは、
カフェイン、
クロロゲン酸、
ショ糖が含まれています。

ショ糖は、コーヒー豆の成分の順番からいうと、微量です。
ですから、ブラックコーヒーは、砂糖やシロップを追加しない限り、
カロリーは、1杯(140cc)で、4kcal程度です。

カフェインは、他のカフェインを含む飲み物(紅茶や緑茶)に比べると多く含まれています。

また、紅茶や緑茶とは違い、クロロゲン酸が含まれており、
このカフェインとクロロゲン酸の相乗効果で、ダイエットにより効果的となるのです。

カフェインは、血管を拡張させて、代謝を上げる効果があります。

クロロゲン酸には、脂肪の分解を助ける効果があるため、
カフェインと同時に取ることで、
代謝を上げながら、脂肪分解するという、
痩せやすい体の状態を作ることができます!

まさに一石二鳥です!





ダイエットに効果的なコーヒーの選び方は?

では、ダイエットにより効果的なコーヒーとは、どう選べばいいでしょうか。

コーヒーは、飲み方がたくさんありますが、
ダイエットにより効果的なのは、やはり、
砂糖(などの糖分)と、牛乳(や生クリームなどの脂肪分)を加えない
ブラックの状態が理想的です。

ただ、ブラックが苦手という方は、脂肪分が少なくタンパク質が豊富な、
豆乳を足すと飲みやすくなります。

先に、言った通り、カフェインとクロロゲン酸の相乗効果が、脂肪燃焼を促してくれます。

ドリップかインスタントか、もしくは缶コーヒーかという選択肢では、
カフェインとクロロゲン酸が残り安いドリップをお薦めしますが、
入手しやすい方法で、無理なく続けて頂きたいです。

最近は、コンビニのコーヒーが普及したので、
以前に比べて、挽きたてのドリップコーヒーが手に入りやすくなったのではないでしょうか。

最後にここまでできるのであればというお話で、
コーヒーの焙煎度合は深くなるほど、
カフェインとクロロゲン酸が少なくなっていきます。

そのため、深煎りよりも浅煎りを選ぶことができれば、より効果的です。

コーヒーを飲むタイミングは?

積極的にダイエット効果をのぞむのであれば、
運動の20分程度前がもっともお薦めです!

20分程度後から、脂肪燃焼しやすい体になるので、
そこで、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動を行うと
間違いありません。

普段、運動をされていな方でも、出勤や帰宅の前など、
歩くタイミングを活用して、20分前コーヒーを取り入れてみてください。

寝る前などのタイミングは、深い睡眠の妨げになるので、
あまりお薦めできません。

睡眠の質がよく、十分な時間がとれている方が、
ダイエットが成功するという統計もあります。

コーヒーダイエットの注意点

ダイエットでコーヒーを活用する上での注意点は、コーヒーの飲みすぎです。
最大で一日5杯以内にした方がよいでしょう。

また、一度にたくさん飲むのではなく、3~4時間おきにとると効果が持続的に得られます。

コーヒーを飲みすぎると

・カフェインへの耐性ができてしまい効果が薄れる可能性があること

・利尿作用があるので、脱水症状に注意すること

・鉄分やカルシウムの吸収を阻害すること
(※貧血気味やカルシウム不足の方は、食後30分以上あけてコーヒーを飲むこと)

などが挙げれます。

まとめ

コーヒーでダイエットを成功させるコツとは?

ウォーキングやランニングの有酸素運動の
20分程度前に、焙煎が浅めのドリップコーヒーを
ブラックで飲む!

ということになります。

是非、毎日の美味しいコーヒーでダイエットを成功させてください。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。