コーヒーカップの持ち方。礼儀や作法についてサクッと教えます!

カフェに行ったとき、コーヒーが運ばれてきました。

でも、ちょっと待って。

コーヒースプーンはカップの手前?後ろ?

コーヒーカップの取っ手は左側、右側?

そもそもコーヒーのカップの持ち方って何かルールがあるの?

よくカフェに行く人なら少なくとも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

コーヒーのカップをおしゃれに持っている人を見るとなんだか仕事ができそうだなぁと思ったりしませんか?

持ち方ひとつでその人を表す場合もあるかもしれません。



【スポンサードリンク】


コーヒーカップで飲むときは

  • 取っ手の中に指を入れない
  • 人差し指と中指と親指の三本で取っ手を支えて持つ(重い場合は小指でも支える)
  • ソーサーに置く時やスプーンを使うときガチャガチャと音を立てない

 

エスプレッソ用のデミタスカップや通常のコーヒーカップなら上記の持ち方で問題ないでしょうが、マグカップの場合は重いので指を入れて支えなければならないかもしれません。

そういったときは指を入れて持ったり、もう片方の手で支えたりしても問題はないでしょう。

音を立てないというのはパスタを食べるときなどと同様、当然のことと言えるでしょう。

カップの取っ手は右?左?

取っ手に関しては、右側と左側と両方ありますね。

カフェに行った際も確かにどちらも体験しています。

取っ手が右側にあるのはブラックで素早く飲む合理的なアメリカ式

取っ手が左側にあるのは砂糖やミルクを入れてかき混ぜるというイギリス式

という通説があります。

実際自分が今まで働いてきたカフェや行ってきたカフェを見る限りでは店によって違いました。

日本はどうやら混合型のようです。



【スポンサードリンク】


スプーンはどこに置く?

こちらも所説ありますが、提供されるときほとんど日本の場合はカップの前にスプーンが置いてあります。

ですがカップの後ろに置くのがマナーとして本来正しいようです。

砂糖やミルクを入れて、ひと混ぜしたらスプーンはカップの後ろに置くというのが良いでしょう。

結局正解は?

まとめると、

  • 取っ手に指を絡めずに静かに飲む
  • 取っ手は持ちやすい方向で(右利きの人は右、左利きの人は左でも問題ないでしょう)
  • スプーンは使用後カップの後ろ側に置く

 

ということのようです。

カップの種類や提供の仕方もカフェによってそれぞれです。

ナチュラル系のカフェなどはソーサーがなく、コースターの上にカップを置いて提供するところもありますし、スプーンやおしぼりなどをスプーンにまとめて立てて出すところもあります。

使い方や飲み方はそれぞれ違います。

私の経験上でも恐らく「これが絶対だ」という正解はないです。

ただ大切なのは、周囲の人に迷惑をかけない、ということではないでしょうか。

カフェで大声でしゃべったり、がちゃがちゃと大きな音を立ててカップを混ぜるのは完全なマナー違反です。

例えばくつろぎのカフェであっても、ソファに胡坐をかいたり横になったりするのはいけません。

お客様だけではなく店員も見ています。

コーヒーをかっこよく飲んでいても、人としてのマナーが守れていないのであればカフェに行く資格もないでしょう。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェタイム編集部

カフェタイム編集部

カフェでおなじみのドリンクや少しコアな話、カフェ情報などカフェに関連する情報を気ままに提供しています。