エクアドル産コーヒーの特徴を味わってみた!

みなさんこんにちは! カフェママです。

桜もちらほら咲き始め、お花見の計画を立てるのが楽しみな季節になりましたね。

桜の下で飲むコーヒーもいいものです。

さて、前回の「ペルー」に続き、今回はエクアドル産のコーヒーとその特徴についてご紹介!

ガラパゴス諸島に代表されるように、エクアドルも特徴的な国ですよね。

そんな国で生産されているコーヒーにはどのような特徴があるのでしょうか。

実際に飲んでみた私の感想とあわせて参考にしていただけると嬉しいです。

エクアドルという国についても簡単ですがまとめてみました。

ぜひ最後までご覧になってくださいね。



【スポンサードリンク】


エクアドルってどんな国?

まずはエクアドルという国について。

正式名称は“エクアドル共和国”といい、エクアドルというのはスペイン語で「赤道」という意味です。

国名のとおり赤道直下にある国で、北部はコロンビア、南・東はペルーと接しており西側は太平洋に面しています。

面積は28万3千5百平方kmで、日本でいうと本州と九州を足したほどの広さ。

ダーウィンの進化論で有名な「ガラパゴス諸島」もあり、観光人気を集めています。

気候は3つの区分に分かれており、太平洋沿岸部は『コスタ』と呼ばれた亜熱帯地域。

亜熱帯の区分ではありますが、沿岸部を流れる寒流の“フンボルト海流”により比較的過ごしやすい気候になっているそうです。

コスタより東側、中央部のアンデス山脈沿いに広がる『シエラ』は標高が高いため気温も他の地域よりは低く温暖。

アンデス山脈の東側、アマゾン川の上流一帯は『オリエンテ』と呼ばれる高温多湿の熱帯雨林が広がっています。

コーヒーの栽培が行われているのは『シエラ』地帯。

アンデス山脈のなかでも主に標高2000mほどの高さまでの地域に農園が広がっています。

さらにアンデス山脈にはいくつもの火山があり、その豊かな土壌と高標高による昼夜の寒暖差がコーヒー栽培に適しているというわけです。

また、意外にも『ガラパゴス諸島』でもコーヒー栽培が行われている地区があるそう。

ガラパゴス産の豆は希少品として流通しているそうなので、機会があれば飲んでみたいものですね(笑)



【スポンサードリンク】


コーヒーの生産量とその品種・特徴は?

そんなエクアドルで栽培されているコーヒーの品種は「アラビカ種」が約6割「ロブスタ種」が約4割となっています。

ストレートコーヒーとして主に流通しているアラビカ種だけでなく、インスタントや缶コーヒーによく使われているロブスタ種の栽培も多いのが大きな特徴。

当サイトで過去に紹介してきた他の中南米の国々では「アラビカ種」のみを栽培している国ばかりでした。

コーヒーの栽培を行っている国は現在60カ国にものぼるといわれています。

これだけの国のなかで、アラビカ種とロブスタ種の両方を栽培・生産している国はなんと15カ国のみ。

とは言え、ロブスタ種は「原料」としての流通がメインなので単体で飲む機会はあまりなさそうです。

味の評価・特徴は「香りがよく、また酸味とコクのバランスの良い調和の取れた味」と言われておりブレンドベースとしても好まれているとのこと。

マイルドで飲みやすいと評されているので、コーヒー初心者の方でも安心して試すことができそうですね。

コーヒー豆の等級は、エクアドルでは細かい区分はありません。

まず精製方式(水洗式or非水洗式)で区別し、豆のサイズにより以下の2種類に分けられています。

・スプレモ:スクリーンサイズ17以上
・スタンダード:スクリーンサイズ16以下

とても分かりやすい区分けですね。

飲んで分かる、その特徴は?

いよいよ実際に飲んでみましょう!

今回購入したのは「アンデスマウンテン」

店舗おすすめの焙煎度で注文しています。

等級はスプレモ、90%以上がスクリーンサイズ18とのこと。

綺麗な豆ですね~。

挽けました!ポットを温め、丁寧にゆっくりとドリップ。

ナッツ系の香ばしい香りがします。

完成!

香りはまろやかでコク深そうに感じましたが、飲んでみると意外にもあっさりとしています。

甘みと酸味のバランスがいいからでしょうか、後口もさっぱりとしています。

苦味は若干弱めですが、かといって酸味が強いというわけでもなく飲みやすい。

中米諸国と比べると、コロンビアペルーもそうでしたが比較的バランスがよく飲みやすいコーヒーですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エクアドルという国、エクアドルで生産されるコーヒーについて、少しでも知識を深めるお手伝いが出来たなら嬉しいです。

【南米】のコーヒー生産国紹介も、「コロンビア」「ペルー」そして今回の「エクアドル」で3カ国をめぐりました。

次回は世界最大のコーヒー生産国「ブラジル」についてご紹介!

ぜひ次回もご覧になってくださいね!

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。