コーヒーフレッシュ、ポーションミルクって何?

コーヒーを注文するときについてくるのが砂糖とミルクですよね。

コーヒーのミルク、ほとんどのものはプラスチックの容器に入ったものがでてくるかと思います。

このプラスチックの容器に入ったミルクのことはコーヒーフレッシュ、またはポーションミルクとよばれております。

ではそんなコーヒーフレッシュ、またはポーションミルクはいったいどんな成分でできているのかなどみなさんご存じでしょうか?

今回はみなさんにコーヒーのミルクについてお話ししようと思います。



【スポンサードリンク】


コーヒーフレッシュ、ポーションミルクの成分とは?

コーヒーにいれるミルクでよく出てくるプラスチック容器のミルクはみなさん一度は見たことがあるかと思います。

そんなミルク、コーヒーフレッシュ、またはポーションミルクとよばれていますが、ではそれらは何でできているのでしょうか?

これらは大きな袋に入って売られていることが多いですが、その原材料名をみると「植物性油脂」とかかれています。

植物性油脂とはサラダ油のことで、ほかに増粘多糖類、乳化剤、カラメル色素、PH調整剤が入ってできています。

牛乳は一滴もはいっていないことがわかります。

そんなこれらの製造方法としてはまず、水と油をよく混ぜ、乳化剤を入れて分離しないように混ざりやすくします。

増粘多糖類でとろみをつけたのちにカラメル色素でクリーム色にし、PH調整剤で日持ちをよくします。

コーヒーフレッシュやポーションミルクがよく喫茶店などで常温で置かれているのはこの原材料から見てもわかるように一滴も牛乳が入っていないからなのです。



【スポンサードリンク】


コーヒーフレッシュ、ポーションミルクは体に悪い??

喫茶店でコーヒーにミルクをいれようとコーヒーフレッシュを手に取ったときに、「体に悪いから入れないほうがいい」と言われたことがあります。

そんなコーヒーフレッシュ、ポーションミルクが体に悪いわけとはいったい何なのでしょう?

原材料をみてもわかるように化学成分がたくさん含まれていますよね。

さらにその原材料の中でもサラダ油はトランス脂肪酸が含まれておりますし、この成分は欧米の一部では全面禁止となっているようです。

また、リノール酸というがんや脳梗塞を引き起こすといわれている物質や脳や細胞を破壊するというヒドロキシノネナールという有害物質も含まれおり、体にもよくない影響がでることがわかっています。

ですがなぜ喫茶店などにいくとたくさんつかわれているのかといいますと、原価が安いために安く購入することができるのと長持ちするために使い勝手が良いという点があるからです。

いかがでしたでしょうか?

喫茶店などで無料で配られているのにはこのようなしっかりとした理由があるからなのです。

ただ大量に摂取しなければ問題はそれほどありません。

喫茶店などで出てきてもなるべくコーヒーには入れず、自宅で飲むときには牛乳や生クリームなどをいれて飲むようにしてもっとおいしくコーヒーを飲めるようにしたいですね。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェタイム編集部

カフェタイム編集部

カフェでおなじみのドリンクや少しコアな話、カフェ情報などカフェに関連する情報を気ままに提供しています。