アイスコーヒーの作り置きの賞味期限ってどれくらい?

暑い時期は冷たい飲み物を常備していたいですよね。

アイスコーヒーの作り置きがあれば、飲みたくなったときにすぐ飲んだり、マグに入れて持ち歩くこともできちゃいます。

アイスコーヒーをたっぷり淹れて、作り置き……しておきたいところですが、気になるのは賞味期限。

たくさん淹れても傷んでしまったらもったいないですよね!

賞味期限内に飲みきれる分だけ、アイスコーヒーの作り置きを作るのがベストです。

なので、アイスコーヒーの賞味期限を調べてみました。

保存するのに向いているアイスコーヒーの淹れ方や、作り置きのポイントも一緒に紹介!

ぜひ参考にしてみてくださいね。



【スポンサードリンク】


アイスコーヒーの作り置きって?

作り置きとは、その場で飲むのではなく多めに淹れて保存しておくことです。一般的にはコーヒーは淹れたてを楽しむものですが、冷蔵庫での保存が可能です。

では、作り置きするためにはどうやってアイスコーヒーを淹れるのがいいでしょうか?

アイスコーヒーの淹れ方には複数の方法がありますが、

・ホットコーヒーを急冷する方法
・時間をかけてゆっくりと水出しする方法

この2つのパターンがメジャーです。

ホットコーヒーを淹れながら急速冷却する場合は、ドリップする際にポットに出来上がり半量の氷をいれ、残りの半量分のお湯で抽出します。ポイントは氷を使うので濃い目に淹れる事!

この淹れ方では、コーヒーの香りをできるだけ損なうことなくアイスコーヒーを楽しむことができます。

淹れたての香りを楽しみたいという方は、急速冷却で淹れる事をおすすめします。

ただし、一度に大量のコーヒーを氷で冷却することは難しいのでたっぷりと作り置きを用意したい方には次に紹介する水出しコーヒーの方がおすすめです。

水出しコーヒーを作る場合は、市販されている水出し用のポットを使うと手軽に作ることができるのでおすすめです。

サーバーにお好みの量のコーヒーをいれ、ポットにセットし水を注ぎ、10時間程度冷蔵庫に保管します。時間がたったらサーバーを取り出しておきます。

時間はかかりますが、ほとんど手間がかからないのが水出しコーヒーの利点です。

水出しアイスコーヒーの場合はさっぱりとした口当たりになり、カフェオレに向いた仕上がりになります。

2パターンご紹介しましたが、香りや味で好みの淹れ方が変わってくるかと思います。お好みの方法を見つけてくださいね。



【スポンサードリンク】


作り置きのポイントって?

紹介したアイスコーヒーのどちらの淹れ方でも、使用したポットなどがしっかりと蓋できるものならそのまま冷蔵庫へ、できないのなら保存用の容器に移し替えるなどをして冷蔵庫に保管してください。

コーヒーは酸化によって風味がどんどん損なわれていきます。なので、保存する際は機密性の高い密閉容器に入れるようにしましょう。

また、急冷方法で淹れたコーヒーは特に風味が消えていくのが早いのでできれば2日ほどで飲みきれる量だけ作るのがおすすめです。

賞味期限はどれくらい?

アイスコーヒーの淹れ方、保存のポイントをご紹介しましたが、一番の疑問は賞味期限かと思います。

自宅で淹れたコーヒーの賞味期限って、一体どれくらいなのでしょうか。

密閉容器で冷蔵保管した場合、一週間くらいまでなら保存は可能です。

なので賞味期限は一週間と思ってください。ただし、一週間置くとどうしても風味は落ちてしまいます。

作り置きのポイントでも触れましたが、美味しく飲める期間なら、2~3日以内に飲みきってしまうほうがいいようです。

保存できる量と、飲みたい量のおおよその目安を決めて作り置きを淹れてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アイスコーヒーの作り置きと、その賞味期限について簡単に紹介しました。

参考にしていただければ嬉しく思います。

お好みの香りや味にあった淹れ方で、美味しくアイスコーヒーを楽しんでくださいね!

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ