コーヒーの色を落とす方法とは?4つの道具と4つの手順

皆さんはコーヒーを飲んでいて、うっかりこぼしてしまい、かなりガッツリシミを作ってしまったことはございませんか?コーヒーの色素はかなり強いので有名ですよね・・・汗

管理人は口元が緩いので、熱いコーヒーなど飲んだ時にタラーリと。。。(笑)その日買ったばかりの純白のTシャツに色を付けてしまいました・・・
一度服についてしまうと、これがなかなか落とすのに苦労しますよねー。。。特に白いものであれば致命的です

「この汚れ、自宅で何とかできないのか?」と管理人も服を汚すたびに思っているわけです(どんだけ汚してんだ)
そこで、コーヒーでついてしまった色を簡単に落とす方法はないものかと調べてみたのですが・・・これが簡単に手に入るもので出来るみたいなんですよ!

ここで簡単にお伝えしますので、ぜひ試してみてください!ちなみに、コーヒー以外の色汚れにも有効です。



【スポンサードリンク】


コーヒーの色を落とすには

では、実際にどうすればコーヒーの色汚れを落とす事ができるのかをここで紹介しますね!

〔用意するもの〕

1.漂白剤
2.台所用中性洗剤
3.染み抜き棒(綿棒や長い棒(割りばしなど)にコットンやガーゼ等を巻いて、固定してあるもの)
4.スチームアイロン

〔手順〕

1.シミ部分を軽く濡らして、洗剤をつける。
使用する洗剤は、台所中性洗剤が適している。なければ、中性であれば、他の洗剤を利用しても可(中性じゃないと漂白剤を使うときに有毒なガスが発生する可能性があるので注意)
綿やポリエステルの生地には、直接洗剤をかけても大丈夫、デリケートな衣類の場合には、少し洗剤を薄めて、しみぬき棒でつける。

2.シミ部分をもみほぐす。(手でやると荒れることもあるので肌の弱い人は手袋してもいい)
1.と同様に、生地によっては染み抜き棒を使用。その際は、やさしく叩く感じで作業する。

3.シミ部分を水ですすぐ。
薄くなっていれば、1・3の作業を繰り返すと、より効果的です。

薄くなっていない場合には、漂白剤を使用する。酸素系漂白剤かオキシドールを使用のこと。シミ部分にシミ取り棒を使用して、漂白剤を塗り、その部分にスチールアイロンを充てる。

高温の方が効果は高いが色剥げが起こりやすいので注意。色剥げはおこった際は、すぐに中止して水ですすぐこと。シミがとれたら完了。

4。最後に、各々の衣類にあった方法で洗濯をすれば綺麗にシミがとれる。



【スポンサードリンク】


色落ちを防止せよ!

ちょっとした気の緩みから衣類につけてしまったコーヒーの汚れ。

一刻も早く汚れを落としたい!という気持ちはメッチャわかります。

ただ、その衣類が色柄物である場合は、次にご紹介する方法で事前に必ず色落ちテストを行うべきでしょう。

1.白いタオルに洗浄液をつけます。
2.洗浄液をつけたタオルで、ワイシャツの目立たない所をトントンと軽くたたきます。
3.タオルに色がついたら、その衣類は家庭での洗濯で色落ちしてしまいます。
4.この色落ちテストで色がついた場合は、クリーニング店にご相談ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。意外とすぐに手に入るものと簡単な作業で汚れを落とせるものなんですね!
これを機会に是非皆さんもセルフ汚れ落とし、実践してください!

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェタイム編集部

カフェタイム編集部

カフェでおなじみのドリンクや少しコアな話、カフェ情報などカフェに関連する情報を気ままに提供しています。