マキネッタは豆の量を器具にあわせて使うのがコツ!

【スポンサードリンク】

皆さんは「マキネッタ」というコーヒーを入れる器具をご存知でしょうか?

コーヒーの入れ方の種類って?どれくらいの方法が有るのか調べてみたこちらの記事でも簡単に紹介したマキネッタ。

「直火式エスプレッソメーカー」であるマキネッタは、の焙煎や挽き方、使う量にこだわる必要があるんです。

今回はマキネッタの使い方や仕組み、マキネッタでコーヒーを入れる時に使う豆を選ぶコツについてまとめてみました。

また、マキネッタは入れるコーヒーのに応じたサイズが販売されています。

マキネッタに使う豆の量も、そのサイズごとに決められているという、他には無い特長も。

豆の選び方・適切な量の説明とともにその理由についても解説します!

マキネッタを使いこなせるようになれば、コーヒーの味わい方の幅もぐんと広がりますよ。

マキネッタを楽しむために豆の選び方を知り、決められた量を守る理由を覚えてくださいね。





マキネッタってどんな器具?

まず、マキネッタという器具の構造と仕組みについてみてみましょう。

マキネッタは冒頭でも触れたたように「エスプレッソ」を入れるための器具。

エスプレッソとは、ドリップコーヒーとは異なりコーヒー粉に圧力をかけて短時間でコーヒー液を抽出するという方法ですよね。

マキネッタも圧力を利用してコーヒーの抽出を行います。

マキネッタは3つのパーツからなっていて、それぞれ上から「サーバー」「バスケット」「ボイラー」と呼ばれています。

ボイラーには水を、バスケットにはコーヒー粉をセットし、火にかけます。

加熱されることでボイラー内に水蒸気が発生し、その蒸気圧で湯がバスケットを通りサーバーへと押し出されるのです。

コーヒー粉の入っているバスケットは“ろうと”状をしており、押し上げられる湯はコーヒー粉を通ってからさらに管を昇りサーバーへたまります。

コーヒーサイフォンも蒸気圧を利用した器具ですが、マキネッタの場合は圧のかかった湯が直接コーヒー粉を通り抜けるという大きな違いが有るのです。

数分でボイラーの湯はサーバーへと移動し終わり、抽出が完了します。



【スポンサードリンク】


豆の量が美味しさのポイントに!

マキネッタが蒸気圧を利用する器具だということはお分かりいただけたでしょうか

次は、マキネッタにはどのような豆をどれくらいの量使用するのがいいのかを見てみましょう。

エスプレッソといえば、専用の豆(極細挽き)を使用するイメージを持っているかと思います。

一般的なエスプレッソメーカーを使う場合、それは正しい選択なのですがマキネッタでは少し事情が異なります。

マキネッタでかけられる圧力は機械式のエスプレッソメーカーに比べるとどうしても弱くなってしまいます。

その為、あまりにも細かい粉を使った場合には抽出が薄く感じられたり、フィルターが目詰まりを起こしてしまうことも。

そこで、マキネッタで使用する豆の細かさのおすすめは「細挽き」です。

焙煎は『深煎り』のものを選ぶようにしてくださいね。

そして、もうひとつ重要なのが使用する豆の量。

後述しますが、マキネッタは入れられるコーヒーの量が器具ごとに決められています。

ドリップコーヒーとは違い、4杯分のマキネッタで2杯分だけ入れたい、というようなことはし辛いのです(メーカーによる)。

水の量と豆の量はそれぞれの器具に応じた量がきっちりと決められています。

それらを「必ず守る」事が美味しいエスプレッソを入れる最大のポイントといえるでしょう。

決められた分量を守ってエスプレッソを楽しもう

マキネッタは出来上がりのコーヒー量によって器具のサイズが異なっています。

エスプレッソですので出来上がり量は少なく、1杯分は約50ccとしている製品がほとんど。

メーカーごとに抽出量50ccの「1cup用」から500cc「10cup用」まで様々な種類が販売されています。

必要な量のエスプレッソを入れられる製品を見極め、選ぶようにしてくださいね。 

一般的なドリッパーであれば、3~4人前用ドリッパーで1杯分のコーヒーを抽出することは可能です。

しかし、マキネッタの場合「バスケット」には規定の量、コーヒー粉を入れなければなりません。

なぜかというと、圧力を高めるために必要な「気密性」を確保する必要があるから。

バスケットのコーヒー粉が規定量よりも少ないと、その分密度が下がるためコーヒーが上手く抽出されないということが起こります。

薄く、ぼんやりとした味のエスプレッソができあがってしまうのです。

メーカーによっては「減量フィルター」という、規定の半分の量で入れられるようにした器具が付属しているものもあります。

どうしても“大は小を兼ねる”器具を希望する場合には、減量フィルターの付属している製品を探すようにしましょう。

ただし、減量フィルターを使用しても仕上がりが薄くなる傾向にあるようですので、注意が必要です。

「圧力」を正しく利用するために、豆の量を守る必要があるということを覚えておいてくださいね。

まとめ

マキネッタという器具について、興味を持っていただけましたでしょうか?

家庭で手軽にエスプレッソを入れることが出来ると、カフェラテやカプチーノなどのアレンジメニューも楽しみやすくなります。

コーヒーの飲み方、味わい方の幅を広げることに繋がりますので、機会があればぜひ試してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェママ

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。