コーヒーの苦味、酸味、コクとは?

みなさんは休憩中や気持ちを切り替えたいときにコーヒーを飲まれますか?

そんなとき、どうせ飲むのであればおいしいコーヒーを飲みたいですよね。

ではおいしいコーヒーとはどのようなものを指すのでしょうか?

コーヒーとは苦味、酸味、コクから構成されています。

そんな苦味や酸味、コクがバランスよく整ったものがおいしいとされています。

今回はコーヒーにおける苦味、酸味、コクなどのバランスによってどのようなコーヒーができるのかご紹介いたします。



【スポンサードリンク】


~コーヒーの苦味、酸味、コクのバランス~

コーヒーの苦味、酸味、コクのバランスはコーヒー豆によって様々です。

特に産地の気候などによりできる種類が変わってきます。

産地ごとのテイストの特徴をみてみましょう。

1.モカ

エチオピア・イエメン産です。

日本人に一番親しまれている豆で、程よい酸味にコクを感じることができ、一番古くからある種類と言われております。

2.メキシコ

メキシコ産のコーヒー豆は適度な酸味と香りが特徴的です。

上品な味わいを楽しむことができます。

3.ブラジル・サントス

ブラジル産のこの豆は酸味、苦味、コクがちょうどよいバランスになっており、ブレンドのベースとしてよく使われ香りが高いのが特徴です。

4.コロンビア

コロンビア産のコーヒー豆は酸味が控えめで甘みがあります。

また、まろやかなコクもあり、比較的飲みやすい種類と言えるでしょう。

5.グァテマラ

中南米に属しているグァテマラのコーヒー豆は酸味が控えめで甘みがあり、上品な口当たりとなっているのが特徴です。

酸味や苦味が苦手な方にも飲みやすいものとなっております。

6.マンデリン

インドネシア産のマンデリンはコクと苦味が強いのが特徴です。

ただ、上品な口当たりなので香りを楽しみながら飲むことができるでしょう。

7.ベネズエラ

中南米のベネズエラでできたコーヒー豆は苦味が強く酸味があり、香り高いのが特徴です。

フルーティーとはまた違った独特な味わいを楽しむことができそうです。

8.ケニア

ケニア産のコーヒー豆は強い酸味があります。

またキレがよく後味もよいといわれています。

9.ブルーマウンテン

ジャマイカ産のブルーマウンテンは酸味と苦味が控えめになっており、高い香りに甘みが強いのが特徴となっています。

とにかく軽い飲み心地で酸味、苦味、コクの3つのバランスが非常に整ったコーヒーの王様ともいわれております。

初心者の方にもおすすめの種類となっています。

10.キリマンジャロ

タンザニア産のこの豆は後味のすっきりした酸味と芳醇な香りを持っているのが特徴です。



【スポンサードリンク】


コーヒーの苦味、酸味、コク、どれが一番好き??

3つのテイストの中でみなさんはどれを一番重要視しますか?

おそらく人によって異なるでしょうが、苦味が好きな方にはマンデリンをおすすめいたします。

酸味が少ないので酸っぱいコーヒーが苦手な方には特におすすめでしょう。

酸味が好きな方はモカかキリマンジャロです。

どちらも酸味が強くスッキリとした味わいなのが特徴です。

コクが好きな方はコロンビアを選ぶとよいでしょう。

マイルドで上品な味わいが特徴のコロンビアはエスプレッソにするのも向いています。

いかがでしたか、コーヒーにはこの3つの味わいがブレンド組み合わさることでよりおいしくなることがわかっていただけたでしょうか?

コーヒー豆も紹介した通り、たくさんの種類がありますよね。

人によって好みも様々なら人の数だけコーヒー豆の味もたくさんあります。

ぜひ、自分好みのコーヒー豆をみつけておいしくいただいてみてください。

 

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェタイム編集部

カフェタイム編集部

カフェでおなじみのドリンクや少しコアな話、カフェ情報などカフェに関連する情報を気ままに提供しています。