コーヒーの酸味を抑えた入れ方はあるの?

コーヒー豆には色々と種類がありますよね。

キリマンジャロ、ブルーマウンテン、モカ・・・などなど。

お店独自でブレンドした豆もあります。

また、コーヒーの味も、酸味が強い・弱い、コクがある、上品、苦い、後味がスッキリ・余韻がある、など、本当に様々です。

みなさんもコーヒーの味には、好みがありますよね。

「酸味が弱く、苦みが強くてコクのある味わいがよい」など。

豆によって味が変わるのはおわかりだとは思いますが、コーヒーの入れ方によって味が変わることはご存知でしたか?

入れ方を変えるだけで、酸味や苦みなどの味を、強くしたり弱くしたりできるのです。

そこで今回は、コーヒーの酸味が苦手な方向けの、コーヒーの入れ方についてご紹介します。



【スポンサードリンク】


コーヒーの酸味を抑える入れ方1 ~硬水を使う~

水には軟水と硬水があります。

その違いは、水に含まれるカルシウムとマグネシウムが含まれる量にあります。

簡単に言えば、軟水はカルシウムとマグネシウムをあまり含まない水、硬水はカルシウムとマグネシウムを多く含む水、になります。

みなさんは普通、水道水を湧かしてコーヒーを作られると思います。

日本の水は軟水のため、コーヒーの酸味が強くなり、苦みが抑えられた味になります。

ですから、豆にもよりますが、どちらかというと酸味が強い味になります。

逆に硬水を使うと(北米やヨーロッパに多いのが硬水です)、コーヒーの酸味が抑えられ、苦みが強い味になります。

なので、北米やヨーロッパなど、海外の水を選んで入れてみてもよいかもしれません。



【スポンサードリンク】


コーヒーの酸味を抑える入れ方2 ~お湯を一気に注がない~

コーヒーを入れる時のお湯の温度やお湯の注ぎ方もポイントとなります。

温度を測りながらコーヒーを入れると、より好みの味に調節することが可能ですが、ひと手間かけられない場合が多いですよね。

そこで、できるだけ酸味を出さないようにするには、とにかくコーヒーにお湯を一気に注がないようにすることが大事です。

コーヒーを作るとき、よく「の」の字を書くようにゆっくりとお湯を注げばよいと言われます。

それはなぜかというと、高温で抽出されるのが「酸味」や「甘味」、中温で抽出されるのが「苦み」や「渋み」で、両方の温度を保ちながらじっくりと抽出することで、バランスの取れた美味しい味わいを引き出せるからなのです。

1分ほどかけて、ゆっくりとお湯を注ぐだけでも味わいが違ってきます。

コーヒーの酸味を抑える入れ方3 ~塩をひとつまみ入れる~

コーヒーに塩を入れる方法もあります。

「コーヒーに塩なんて?!」と思われる方がほとんどかと思いますが、実はコーヒーの原産国でもあるエチオピアでは塩を入れて飲む習慣があります。

塩を入れることで、コーヒーの酸味がうま味に変わり、深い味わいになるようです。

ただし、塩の量はあくまでも「ほんの少し」だけにしてくださいね。

まとめ

水の使い分けやお湯の注ぎ方だけでも、味わいが違ってくることをおわかり頂けましたでしょうか。

コーヒーの入れ方も大切ですが、豆の酸化が進む=古くなると酸味が強くなりがちですので、豆を買ったら冷蔵庫・冷凍庫などで保存して、
早めに使いきってしまうことも忘れないでくださいね。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ