コーヒーメーカーでの入れ方にもコツがある?押さえるべきポイントとは

【スポンサードリンク】

コーヒーの入れ方の種類って?どれくらいの方法が有るのか調べてみたで紹介している入れ方から、今回は「コーヒーメーカーでの入れ方のコツについて」まとめました。

コーヒーメーカーを使うと、コーヒーの入れ方はぐっと楽になりますよね。

スイッチを入れるだけでコーヒーの抽出が行えるため、その間に別のことができるという大きなメリットも。

反面、コーヒーメーカーで入れると風味が良くない気がする、というようなデメリットの声も聞こえてきます。

セットしてスイッチを入れるだけのコーヒーメーカーにも、実はコツがあるって知っていましたか?

コーヒーメーカーも使い方のコツを押さえておくことで、ハンドドリップに近い美味しいコーヒーを楽しむことが出来るんです!

今回は、コーヒーメーカーの機能や種類、基本的な使い方にくわえて美味しいコーヒーを入れるための「コツ」もご紹介。

コツを押さえて美味しいコーヒーを手軽に、手早く楽しめるお手伝いになれば嬉しいです。

コーヒーメーカーの機能・種類って?

まず、コーヒーメーカーの持つ機能や種類について、みてみましょう。

「コーヒーメーカー」と呼ばれる機械には、主に3つの種類があります。

  • ドリップ式コーヒーメーカー
  • カプセル式コーヒーメーカー
  • エスプレッソメーカー

それぞれの特徴はこちらの記事でも説明しましたが、ドリップ式はハンドドリップに近く、カプセル式はインスタントに近いイメージです。

エスプレッソメーカーはその名前の通り、エスプレッソを入れるための機械です。

名称 特徴・機能 メリット デメリット
ドリップ式

ハンドドリップに近い味わい

一度に数杯分抽出できる

コーヒー豆の特性をしっかりと味わうことが出来る こまめな手入れ、掃除が必要
カプセル式 1杯分を素早く入れることが出来る 様々な種類のコーヒーを手軽に選ぶことができる コストがかかる
エスプレッソメーカー エスプレッソやラテが楽しめる 本格的なラテが楽しめる

機械の置き場が限られる

手入れが面倒

それぞれの特徴は上の表の通り。

今回はもっとも家庭向けに普及しているドリップ式の基本的な入れ方を説明します。

入れ方は簡単?基本的な使い方を覚えよう

では、コーヒーメーカーの基本的な使い方をみてみましょう。

今回は家庭に広く普及している「ドリップ式」のコーヒーメーカーの使用方法を説明します。

ドリップ式のコーヒーメーカーにも種類があり、豆を挽くところからオートで行える「ミル付き」タイプと、

すでに挽いたコーヒー粉を使用する「ミル無し」タイプがありますが、基本的な使い方は共通。

それぞれ細かい部分で違いがあるため、後ほど項目ごとにコツとして紹介しますね。

1.ペーパーフィルターをセットする

コーヒーメーカーによっては金属フィルターを使用し、ペーパーフィルターを使わないものもありますので、お使いの機器にあわせて用意してください。

2.豆、粉をセットする

必要に応じた量をセットしましょう。 通常のドリップコーヒー同様、1人前あたりの粉は10~15g使います。

3.水をセットする

専用のタンクに必要量の水を入れ、セットします。 

4.スイッチを入れる

全てのセッティングが完了したら、スイッチを入れましょう。 ミル付きならば自動で豆を挽くところから、ミル無しタイプは抽出から自動ではじまりますので、完成を待つだけです。

コーヒーメーカーを使うと、上記のようにとても簡単にコーヒーを入れることができますよね。

そしてより美味しいコーヒーを入れる為には、この手順に「一手間かける」というコツが存在するのです。

コツを押さえて美味しいコーヒーを楽しむ!

コーヒーメーカーで美味しいコーヒーを入れるコツとはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは「品質の良い新鮮な豆(粉)」を使うこと。

コーヒーメーカーでコーヒーを入れる場合もハンドドリップと同じように豆や粉を選ぶ必要があります。

特にミル無しの機器を使用する場合には出来るだけ挽いてから時間の経っていない粉を使うのがおすすめです。

できれば新鮮な豆を用意し、入れる直前に挽くのがいいでしょう。

次に、ペーパーフィルターはしっかりと接着部を折り、ドリッパーにぴったりと密着するようにセットすること。

底部とサイドの接着部を折り曲げる時は、それぞれの折る向きが互い違いになるようにしてくださいね。

フィルターへセットした粉は、表面を平らにならしておきましょう。

最後に、サーバーへと抽出されたコーヒーはカップへ注ぐ前に軽く混ぜるようにしましょう。

抽出されたコーヒーは、底のほうにコクや旨味がたまり、上の方が薄くなることがあります。

その為、サーバーの底から丁寧に攪拌しておくことで、サーバー内でのムラを無くすことが出来るのです。

このように「新鮮な豆/粉を用意する」「ドリッパーに入れた粉は平らにならす」「サーバーのコーヒーはカップへ注ぐ前に混ぜる」

という3つのコツを押さえることで、コーヒーメーカーのコーヒーもより美味しい仕上がりになるのです。

ぜひこれらのコツを実践してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コーヒーメーカーは手軽にコーヒーを入れることができる為、忙しい朝にぴったりの器具。

ほんの一手間くわえることでより美味しいコーヒーを楽しめるのなら、コツはしっかり覚えておきたいですよね。

コーヒーメーカーをお使いの方はぜひ参考にしてみてください!

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェママ

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。