エスプレッソの飲み方って?炭酸水とあわせてみよう!

エスプレッソはイタリアではもっとも飲まれているコーヒーですが、その濃さや苦味から日本人には馴染みが薄いですよね。

エスプレッソの飲み方自体をきちんと知らない方も多いかと思われます。

本場イタリアではどのような飲み方で親しまれているのでしょうか?

カフェでエスプレッソを注文したときに、一緒に提供される炭酸水は何のために?

そんな疑問の他、北欧発祥の炭酸水を利用したちょっと変わった飲み方もあわせてご紹介!

本格的なエスプレッソや、アレンジメニューを楽しむ参考にしてみてくださいね!



【スポンサードリンク】


エスプレッソって?

エスプレッソとは、細かく挽いたコーヒー豆から高圧力で急速抽出したコーヒーのことを指します。

圧力をかけることで濃厚な風味に仕上がり、カフェインの含有量もドリップ式のコーヒーに比べ少なくなっているのが特徴です。

高い圧力をかけることにより“クレマ”と呼ばれるきめ細やかな泡の層ができ、エスプレッソの豊かな香りを閉じ込める役割などを担っています。

ミルクを入れるとカフェラテ、泡立てた牛乳を入れるとカプチーノになり、エスプレッソは馴染み深いカフェメニューのベースでもあります。

基本的な飲み方は?

日本ではラテで飲むことが多いエスプレッソですが、本場イタリア流の飲み方を紹介します。

・砂糖をシュガースプーン2~3杯の量を入れ、軽くかき混ぜます。
・砂糖が溶けきらなくてもOK!クレマを壊さないようほんの少し混ぜるのがポイントです。
・香りを楽しみながら、3口程度で飲みきってしまいます。

さらに通な方は、カップに残った砂糖をすくって食べることもあるそうです。

砂糖をたっぷり入れるというのは、意外な気がしますよね。なんとなくブラックで飲むものというイメージがあり、敬遠していた方もいるのではないでしょうか?

甘くて濃厚なコーヒーを楽しめる飲み方ですので、是非チャレンジしてみてくださいね!



【スポンサードリンク】


炭酸水で割ってみると?

コーヒーと炭酸水、想像しがたい組合せだと思います。

しかし、北欧ではエスプレッソをトニックウォーターで割る飲み方が人気なんです!

日本でもごく一部のカフェで提供されているメニューで、「エスプレッソトニック」とよばれています。

トニックウォーターとは炭酸水に柑橘系のフレーバーを加えたもので、エスプレッソの苦味や香りのあとに柑橘のさわやかな後味を楽しめます。

作り方も簡単で、氷とトニックウォーターを入れたグラスにエスプレッソをゆっくりと注ぐだけ。

とくに暑い時期に試してみて欲しい飲み方です。

そして、割って飲むのとはまた別に一部のカフェなどではエスプレッソと一緒に炭酸水が出されることがあります。

こちらはエスプレッソを飲む前や飲んだ後に口の中をさっぱりさせ、よりコーヒーの味を際立たせてくれるものです。ぜひ覚えておいてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エスプレッソについて、そして炭酸水で割る飲み方について簡単に紹介しました。

今までラテやカプチーノでエスプレッソを飲むことが多かった方も、砂糖だけで飲んでみたり炭酸水で飲んでみてくださいね。

エスプレッソの炭酸飲料は市販されており、手軽に試すこともできますので探してみてください!

コーヒーの新しい楽しみ方の参考になれば嬉しいです。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。