コーヒーキャニスターでおしゃれに豆を保存しよう!

【スポンサードリンク】

皆さんはコーヒー豆の保存をどのようにしていますか?

専用の容器などを用意し、移し替えているでしょうか。

購入時のパックのままという方も多いかと思います。

しかし、販売時にはコーヒーの鮮度を保つために効果を発揮しているパッケージも開封するとその力は激減。

そこで試してみてほしいのが「コーヒーキャニスター」なんです。

コーヒーキャニスターはコーヒー豆を保存し、さらに劣化から豆を守ることができると人気。

また、コーヒーキャニスターはおしゃれな商品も多く、見た目も楽しむことができます。

今回はコーヒーキャニスターを利用するメリット、そのメリットを生かしたおしゃれな商品を取り扱うおすすめメーカーについて紹介します!

コーヒー豆の劣化を防ぎ、さらにおしゃれにキッチンを彩るコーヒーキャニスターを探す参考にしてみてくださいね。





コーヒーキャニスターって?

まず、コーヒーキャニスターとはどのような物なのかをみてみましょう。

このように、コーヒーキャニスターとはコーヒー豆を保存するために作られた容器。

おしゃれな商品が多く、コーヒーのある生活に彩りをそえてくれます。

その材質は、ガラスや陶器、金属、プラスチックなど多岐にわたっており、サイズも様々。

機能も蓋にパッキンがついているもの、2重構造により真空に近い状態にできるもの、

UVブロック加工が施されているものなどがあり、コーヒー豆の質を守るため考えられた製品も多くなっています。

また、コーヒーキャニスターを利用することで得られるメリットもキャニスターの種類ごとに異なるのです。

次に、コーヒーキャニスターの種類ごとの特徴を見てみましょう。



【スポンサードリンク】


コーヒーキャニスターの種類別メリットとは?

コーヒーキャニスターを使う最大の理由は「コーヒー豆の劣化を防ぐこと」ですよね。

そのためにもまずはコーヒー豆を劣化させる原因について知っておく必要があります。

コーヒー豆を劣化させる主な原因は、

  1. 湿気
  2. 温度
  3. 酸化
  4. 紫外線(直射日光)

この4つがあげられます。

これを踏まえ、コーヒーキャニスターの種類とメリット・デメリットをまとめてみました。

種類 メリット デメリット
ガラス製 密閉性が高く、湿気を防ぐことができる
中身が見えるため残量確認がしやすい
遮光性がないため、長期保管する場合冷蔵庫など光の届かない場所へ置く必要がある
金属製 遮光性が高く、紫外線による劣化を抑えられる 金属のにおいがコーヒー豆に移ることがある
陶器製 密閉性、遮光性に優れている 重いため、取り扱いに注意が必要
ホーロー製 遮光性が高く、紫外線による劣化を抑えられる
デザインの種類が豊富
重く、価格が高めのものが多い
木製 湿気を吸収し、適切な湿度にしてくれる
比較的軽量
高価なものが多い

素材ごとに異なるメリット・デメリットがあるのがお分かりいただけたでしょうか。

はじめにもお話したように、蓋にパッキンがついていて密閉性を高めているものや、

表面にUVカットコーティングを施しているものもあるため、上記はあくまでも参考です。

購入前には素材だけでなくどのような加工がおこなわれているかもチェックしてくださいね。

おしゃれで機能的なコーヒーキャニスターを買うならここ!

最後に、おしゃれで機能的なコーヒーキャニスターはどこで探すのがいいのか、厳選した5つのメーカーを紹介します。

1.カルディコーヒーファーム

コーヒーはもちろん、珍しい輸入食品の取り扱いで人気のカルディコーヒーファーム。

金属製で遮光性が高く、パッキン付きの蓋で湿気からもコーヒーの鮮度を守ってくれる商品。

シンプルなデザインはキッチンのテイストにも合わせやすく、季節ごとに販売される限定デザインはコレクションしたくなるかわいらしさで人気です。

2.HARIO

コーヒー用品といえば、HARIO。

HARIOのキャニスターは中身の見えるガラス製。

蓋には密閉度を上げるためのつまみもついていて、機能性も十分となっています。

3.Kalita

HARIO同様、コーヒー器具に抜群の信頼度を誇るKalitaのキャニスターは遮光性の高いホーロー製。

ホーローの本体と木製の蓋という異素材の組み合わせがとてもおしゃれな一品です。

4.星硝(セラーメイト)

続いては、パッキンに圧力を加えて閉じることで、より密閉性を高めたセラーメイトの密封ビン。

ガラス製で中身の確認ができ、取っ手があるため持ち運びしやすいという特徴があります。

サイズ展開も豊富なので、保存したいコーヒー豆の量に合わせて選択することができるのもおすすめポイントです。

5.山崎実業株式会社

最後に紹介するのは、インテリア雑貨の老舗・山崎実業株式会社が提供する陶器製キャニスター「トスカ」です。

アンティーク感漂うヴィンテージ加工は長年愛されたカフェのような雰囲気を醸し出してくれます。

コーヒーキャニスターとしてだけでなく、調味料もすべて統一させたくなるおしゃれさ。

どのメーカーも、今回紹介した品以外にもおしゃれな商品がたくさんありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

コーヒーをおしゃれに保存できるコーヒーキャニスターが人気なのも頷けますよね。

今回紹介したメーカーやお店以外にも、様々なコーヒーキャニスターは販売されています。

ぜひ理想的なデザインと機能を兼ね備えた製品を探してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェママ

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。