カフェのコーヒーの出し方を自宅で再現するには?

最近オシャレなカフェが増えてきている中で、カフェで一人の時間を過ごす方も多いと思います。

そんなカフェで飲むコーヒーと自宅で飲むコーヒーの出し方は雰囲気はもちろんのことコーヒーの淹れ方までが違いますよね。

今回はカフェと自宅のコーヒーの何が違うのかを皆さんにご紹介していきたいと思います。



【スポンサードリンク】


カフェと自宅のコーヒー、出し方の違い

カフェで出されるコーヒーは、お店で豆を挽いて、ゆっくりドリップしてお砂糖とミルクを添えて店員さんが持ってきてくれます。

自宅で飲むコーヒは自分で作ってテーブルに持っていきます。

一見すると、出し方は同じ様に見えますが・・・

何が違うのでしょうか?

これは感覚的な部分で主に視覚からですが、カフェの場合、そのカフェの雰囲気によるところが大きかったりするんです。

接客してくれる従業員の言葉や音楽、空間、本や棚に置いてあるディスプレイなど五感でも楽しめるところがカフェの魅力でもあります。

自宅にある生活感が感じられないことによる特別感があるのです。

ここが、カフェのコーヒーと自宅のコーヒーの出し方の大きく異なるポイントになります。

それではそんなカフェの様な雰囲気を自宅で再現することは可能なのでしょうか。



【スポンサードリンク】


カフェのコーヒーを自宅で楽しむ

カフェのコーヒーを実現したいのであればまずはコーヒー豆をそろえることです。

コーヒーはインスタントより豆の方が香りも味も良いですし、インスタントを使っているカフェは見たことがありません。

カフェに行くとコーヒーの香りがして癒されますよね。

しかし…珈琲屋さんで豆を買うことなんてあまりないし、買い方やドリップの仕方がわからない方が多いでしょう。

そんな初心者さんにおすすめの珈琲屋さんはカルディコーヒーファームの珈琲豆がおすすめです。

30種類以上のお豆と詳しい店員さんがいるので、自分に合った豆を買うことができます。

その場で挽いてくれるので、帰ったらすぐ飲むことができます。

挽いた珈琲豆を保存する缶も売っていますし、珈琲豆をすくうスプーンや、ドリップに使うフィルターも売っています。

必要なものをそろえたらいよいよコーヒーを淹れてみましょう。

カフェの本格派コーヒーや雰囲気が好きだけれど、毎回行っていたら経済的に苦しいみなさんに自宅でのコーヒーのドリップ方法をご紹介します。

まず、カップにフィルターをセットします。

挽いた豆を入れて、90度のお湯をゆっくり回し入れます。

早く飲みたいからとたくさんいれてしまうと、コーヒーの香りや味が逃げてしまいます。

ドリップしているときに最後の一滴が美味しいと聞きますが、最後まで絞り出してしまうと雑味がでてしまうので、ちょうどいい所でフィルターを外します。

これでコーヒーの完成です。

コーヒーを自宅で手軽に楽しもう

少し窓をあけて、音楽をかけて好きな雑誌を片手に、寛げる空間を作ったら先ほど淹れたコーヒーと、小皿に角砂糖やスティック砂糖、ミルクを添えて、テーブルに置きます。

この時、すでに自宅はコーヒーの良い香りが充満していて、まるでカフェに来たかのようです。

ティータイムはお昼過ぎ、食後が一番身体にもよいです。

ここで一息、少しづつ飲みながら自宅カフェを満喫してみてはいかがでしょうか?

 

 

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェタイム編集部

カフェタイム編集部

カフェでおなじみのドリンクや少しコアな話、カフェ情報などカフェに関連する情報を気ままに提供しています。