隠れ家カフェは下町エリアが穴場!

「下町」といえば、どんなイメージが浮かびますか?

おそらく、古めかしい街並みや、地元の方に愛される人情味あふれる商店街、

昔ながらの工場や古い喫茶店!といった感じではないでしょうか?

確かに、「レトロ」という文字がお似合い。そんな中に、「レトロモダン」なおしゃれ

カフェが潜んでいるのを、ご存知でしょうか?

下町には、え?こんなところにおしゃれカフェ!?といった具合に、まさかの発見が

あります。つまり下町は、見つけた時の喜びがうれしい、まさしく、隠れ家カフェの

宝庫なのです。都会の喧騒から離れて、「隠れ家」と呼ぶにふさわしい下町カフェで、

ゆったりほっかりくつろぎのカフェタイムは、如何でしょうか?

では、下町エリアには、具体的にどんな穴場のカフェがあるんでしょうか?



【スポンサードリンク】


①下町らしい隠れ家カフェの特徴とは?

まず、下町の隠れ家カフェの特徴に、注目してみましょう。

下町らしさで言えば!外観は、築何十年の古民家や工場をリノベーションしたもの、

使用しなくなった倉庫を改造したものなど、レトロな建物が多いのが特徴です。

特に、下町ならではの!長屋をリノベーションしたカフェは貴重です。そして、

商店街や住宅地などを歩いていても、周りのレトロな建物に共通した外観ゆえ、

目立たないところも、下町隠れ家カフェらしいかもしれません。

最近では、喫茶店よりも、スターバックスやタリーズ、ドトールなどのチェーン店

カフェの存在が目立つため、チェーン店カフェで待ち合せをしたり、カフェタイムを

過ごす方も多いと思います。でも、待ち合わせならまだしも、ゆっくりとくつろぐに

は、お隣のテーブルとの距離が近すぎて、気になったことってありませんか?

その点、喫茶店の場合は、ゆったりと座れる席が魅力ですよね?下町にも古めかしい

老舗喫茶店はありますが、カフェの場合でも、一軒家や古い建物が多いため、店内の

造りも珍しい空間になっているのが、特徴の一つ。天井が高く、開放感があり、比較的

広々とした空間に、ソファ席などが並べられているカフェもありますよ。

また、空間の広さを生かした、ギャラリー併設のカフェや、ブックカフェなど、

アーティスト色が漂うカフェも目立ちます。展示物をみたり、おすすめの本が置いてあ

れば、おひとり様でのカフェタイムも、満喫できますね。そして、お食事以外に、

女子が大好きなスイーツに力を入れている下町カフェも多く、パンケーキやフレンチ

トーストなどの、カフェ定番の人気メニュー以外に、それぞれのお店のイチオシスイー

ツなど、看板メニューがあるカフェも多いので、それを目当てに隠れ家カフェ巡りを

してみるのも、楽しいですね!



【スポンサードリンク】


②下町散歩の途中で寄りたい、おすすめ隠れ家カフェ!

東京の下町で、思い浮かぶ町は、具体的にどこでしょうか?

例えば、代表的な観光スポットでもある、「浅草」。そして、東京スカイツリーがある

「押上」「向島」エリア。このエリアは、浅草寺や東京スカイツリー観光がてらに、

お散歩したくなる下町ですよね!まずは、浅草。雷門から浅草寺へ向かう仲見世商店街

を中心とした、にぎやかなエリアからは、少し離れたところにある、女性客に人気の、

昭和レトロな雰囲気漂う、下町隠れ家カフェ「天国」。こちらのカフェは、喫茶店好き

の元OLさんがオーナーで、店名の「天国」の焼き印がかわいらしいホットケーキが、
看板ニュー。

パンケーキではなく、ホットケーキというところが、下町カフェらしいですよね。

そして、浅草寺の裏手にあたる、言問通りを越えた通りにある、古い民家を

リノベーションした小さなベーカリーカフェ「粉花」さん。席数は少ないけれど、

売りは!姉妹で作る酵母パン。種類豊富なベーグルが人気!また、東京メトロ銀座線の

田原町駅方面へ足を延ばせば、プロの料理人から調理器具にこだわる方々が、キッチン

用品や飲食店で使用する様々なものを調達しに集まる、道具問屋街として有名な、

合羽橋に到着。道具街からブラブラ歩けば、松葉小学校そばに潜む、「itonowa」。

心にも体にも優しいお茶とごはん、時々雑貨も販売していて、場所柄的には、

まさしく、え?こんなところに?そんな発見が楽しい、隠れ家カフェです。

次に、東京スカイツリーがある押上!押上駅周辺は、昔ながらの風情が残る、

どちらかといえば、地味な下町エリア。

スカイツリーから徒歩約20分ほどの場所、東向島にあるのが、向島・鳩の街通り
商店街。

商店街のネーミングも、ほのぼのとして下町っぽいでしょ?かなりレトロな商店が

軒を連ねていますが、その雰囲気にすっかり溶け込んだ店構えの、下町隠れ家カフェ

が、「こぐま」。昭和2年に建てられた長屋をリノベーションした店内は、古い時代に

タイムスリップしたかのよう。レトロモダンが似合うカフェ。ランチメニューも充実。

長屋をリノベーションした個性派カフェをもうひとつ!スカイツリーからほど近い、

墨田区文化の住宅街に潜む、お蕎麦屋さんカフェこそ、和テイストの隠れ家カフェ。

日本そばのほかに、レアチーズケーキも人気!

お散歩をしながら、自分好みの下町隠れ家カフェを探してみては如何でしょ?

③最近注目の下町隠れ家カフェエリアは?

最近、お散歩雑誌などでよく取り上げられる、下町といえば、「清澄白河」。

清澄庭園や美術館に訪れた方はいらっしゃっても、わざわざ、カフェを目指して

行く方は少ないと思います。

そんな清澄白河に、わざわざ足を延ばしてでも、行ってみたいと思えるおしゃれカフェ

が急増中!例えば、裏路地にひっそり隠れたカフェ「ヒキダシカフェ」。

こちらは、皮製品の工房だった場所をリノベーションした空間。

店内のいろんなところにヒキダシが置いてあり、とても落ち着くレトロモダンな

カフェ。また、清澄白河駅から徒歩5分ほどの場所には、築50年のアパート兼倉庫だった

場所を再生させたカフェなども。

個性的な外観と、インテリアにこだわった店内もおしゃれ。様々なアパートの部屋に

は、手仕事をテーマにした雑貨店やギャラリーなどの空間もあり、カフェでくつろぐ

以外の楽しみも隠れている、下町カフェです。普段行かない町の隠れ家カフェで、

至福の時間を過ごしてみませんか?

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。