カフェインアレルギーでかゆみが起きる?!

ほっと一息つきたい時、気分転換したい時、みなさんはどのようにして過ごしますか?

煙草を吸ったり、コーヒーや紅茶を飲んだりして一息つくのではないでしょうか?

そんなコーヒーや紅茶などにはカフェインと呼ばれるものが含まれていることもみなさんご存じかと思われます。

そんなカフェインでアレルギーになる方もいらっしゃるようで、かゆみが起きてしまう方もいます。

今回はなぜカフェインアレルギーでかゆみが起きてしまうのかについてご紹介いたします。

その前にまずカフェインアレルギーとは何なのかをみなさんにお話しいたします。



【スポンサードリンク】


カフェインアレルギーって何?

コーヒーや紅茶の中に含まれているカフェイン、目覚まし効果や利尿効果などもあり、受験生や医療機関でも幅広く使われております。

医療機関での使用の歴史は長く最初は薬としてコーヒーが飲まれていたともいわれています。

そんなカフェインにはアレルギーがあり、コーヒーや紅茶などのカフェインを含んだものを飲んだ際に頭痛や吐き気を催したらアレルギーのサインがあります。

カフェインアレルギーの多くは中毒症状であり、症状として身体的なものから精神的なものがあります。

身体的な症状としては胃痛や吐き気などの消化器症状、心拍数の増加、動悸、呼吸が速くなるなどの循環器症状、かゆみやじんましんなどの皮膚症状があります。

精神的な症状としては落ち着きがなくなる、不安や焦燥感一時的な不眠症に襲われるなどがあります。

さらに重症化してしまうと精神錯乱、幻覚、幻聴やパニック発作を引き起こしてしまう可能性もあります。

また遅発型アレルギーというものもあり、主な症状としては飲んだ後数時間から数日たって頭痛、下痢、イライラ、疲労感肌荒れなどのなんとなく体調がすぐれないというような症状が起きるのが特徴です。



【スポンサードリンク】


カフェインアレルギーによってかゆみが起きてしまうのは?

カフェインアレルギーでの症状はこのように様々あったわけですが、その中でもなぜかゆみという皮膚疾患が起きてしまうのでしょうか?

実はカフェインは胃に強い刺激を与えるので胃が荒れた結果かゆみや疾患がでることがあるのです。

ただ、全員が起こるわけではなくもともと肌の弱い敏感肌の人やアトピー性皮膚炎を持っている方がなりやすいという特徴があります。

なのでこれらの方々はコーヒーや紅茶などのカフェインを多く含むものは刺激物なので摂取を控えるように言われております。

カフェインのみが原因でかゆみが起きてしまうのではなくもともと皮膚が敏感な方に大きな悪影響を与えるものであるといえるでしょう。

また、実はカフェインアレルギーではなく、コーヒーや紅茶に一緒についてくる砂糖やミルクがアレルギーの原因であったという場合もあります。

なのでカフェインでのかゆみの症状なのか実はほかのものでの症状なのか、その症状と照らし合わせて自己診断するほか、自分でもしわからずに症状で苦しんでいる場合にはアレルギー検査で調べることもできますので、それらの方法をおすすめいたします。

 

 

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェタイム編集部

カフェタイム編集部

カフェでおなじみのドリンクや少しコアな話、カフェ情報などカフェに関連する情報を気ままに提供しています。