カフェインアレルギーで動悸が起きたら?

コーヒーや紅茶はみなさんよく飲まれるかと思います。

一息つきたいときや気分転換の際に飲まれる方や食後やケーキなどと一緒に飲む方もいると思います。

そんなコーヒーや紅茶にはアレルギーになることもあるカフェインという物質が含まれています。

そのカフェインアレルギーで動悸が起きてしまう場合もあります。

カフェインアレルギーでなぜ動悸が起きてしまうのか、また起きてしまった場合の対処方法をご紹介いたします。



【スポンサードリンク】


カフェインアレルギーで動悸が起きるのは??

カフェインとは植物に含まれるアルカロイドの一種でコーヒーや紅茶、ほかにも日本茶やチョコレートなどにも含まれております。

効能としては覚醒、興奮作用、脂肪燃焼作用、利尿作用などがあげられます。

では、カフェインアレルギーで動悸が起きる原因とはいったい何なのでしょうか?

それは飲みすぎによるカフェインの副作用によるものです。

覚醒や興奮作用により、神経系にカフェインは作用するため、過剰に摂取したことで動悸が起こったということです。

一時間に体重50kgの人でコーヒー3,4杯を摂取すると約半数の人が動悸などの急性症状になります。

また三時間以内に体重50kgの人でコーヒー8~10杯を摂取するとほぼ100%の確立で急性症状になります。

ではそのようなカフェインアレルギーによる動悸が起きてしまった場合、どのように対処するのがよいのでしょうか?



【スポンサードリンク】


カフェインアレルギーによる動悸の対処方法

動悸が起きてしまった場合、どのようにするのがよいのでしょうか。

現在、カフェインに直接効く薬はないので対症療法で治療するしか方法がありません。

安静にして時間の経過とともに症状が治まるのを待つことしかできません。

重症の場合には胃洗浄などをする必要もありますが、通常は待ちながら回復を待つだけです。

このとき水を摂取することで体外にカフェインが排出されるのが早まるのでこまめに水を摂取することをおすすめします。

また動悸が起きてしまった場合には同時にめまい、吐き気や不安感、不眠が起きる場合がほとんどです。

これらはカフェインアレルギーでもあり、またカフェイン中毒という診断をされることもあります。

つまり動悸などの症状が出てしまった時点でカフェインアレルギーであり、カフェイン中毒なのです。

カフェインアレルギーになるのはコーヒーや紅茶が好きな方のほうが多いのもそのような理由があるからなのです。

よって動悸などはカフェインの過剰摂取によって起きたことなのでカフェインを摂取すること自体を徐々に減らしていき、中毒症状を改善していく必要があるのです。

時間としては約半年間、最初から摂取しないというのは厳しいと思われるので徐々に減らしていき、カフェインを飲まなくても平気な状態になるまで続けていればカフェイン中毒もなくなり、カフェインアレルギーにかからずに楽しいブレイクタイムを過ごすことができるようになるかと思われます。

 

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ