カフェインアレルギー!?喉の痛みは危険なサイン

昔からコーヒーやカフェオレが大好き!

昔からずっと飲んでいるのに、最近コーヒーを飲んだ後に、喉がイガイガして違和感があったり、ちょっと心臓の心拍数が多くなったり、手が震えたり、蕁麻疹が出たり・・・

急にそのような症状に悩まされている方、意外と多いのではないでしょうか?

実は、コーヒーに含まれているカフェインによるアレルギーの可能性があるそうです。

今まで、“コーヒーを飲んだ後に喉がちょっと痛いのは風邪気味なのかな?”なんて思っていた方も、もしかしたらカフェインのアレルギーかもしれません。



【スポンサードリンク】


カフェインのアレルギーってどんな症状?

食べ物のアレルギーには、遅発型と即時性型の2種類があります。

基本的なアレルギー症状は、食べるとすぐに、かゆみ、むくみ、蕁麻疹、呼吸困難などの症状が出ます。

卵、小麦、そば、豆などは、比較的アレルギー症状がすぐに表れやすいようです。

このようにすぐに症状の出るアレルギーは、“即時型アレルギー”といいます。

食べ物を食べた後すぐに症状がでるため、原因となる物がわかりやすい食物アレルギーです。

しかし、カフェインのアレルギーは気づきにくく、症状もすぐに出にくい方が多いのが特徴のようです。

カフェインのアレルギー症状は、

【1】動悸
【2】頭痛
【3】めまい
【4】吐き気
【5】下痢
【6】蕁麻疹が出る
【7】胃の不快感

などが挙げられます。

カフェインのアレルギーは、“遅発型アレルギー”の場合が多いようです。

食べ物を食べた後、数時間経過後、またはもっと日を重ねてからアレルギー症状が現れる食物アレルギーです。

アレルギー症状が表れるまでの時間が長いため、症状を自覚しにくく、原因となる食べ物に気づきにくいのが特徴です。

コーヒーを飲んだ後、“喉がイガイガする”“何となく体が怠い”“ちょっと気持ち悪い?”など、いつもより少しの体調変化しかなく、自分自身でも見落としてしまいがちです。

また、昔から同じタイミングでコーヒーを飲む習慣がある方だと、尚更気がつきにくいものです。

最近は“コーヒーアレルギー”という言葉もネットを賑わせています。

医学的には“コーヒーアレルギー”という言葉は確率されていないようですが、そういった慢性的な症状に気づき、悩んでいる方が、実は多いという事がわかります。

病院でのアレルギー検査も可能ですので、“もしかして・・・”とお感じの方は、是非医療機関を受診なさってくださいね。

アレルギー参考出典:http://www.kenko.org/about_test/food_allergy.html



【スポンサードリンク】


カフェインによる喉に違和感が出る他の原因は?

コーヒーを飲んだ後に感じる“喉の違和感”には、アレルギー意外にも原因が考えられます。

コーヒーに含まれている成分のカフェインには、

・覚醒作用
・血管拡張作用
・交感神経刺激(基礎代謝促進)
・胃酸分泌促進作用
・利尿作用

上記のような作用があります。

時によって、自分の体にプラスに働く場合もあれば、マイナスに働く場合もあります。

上記の、“胃酸分泌促進作用”というものが、元々胃酸分泌が多い方、または空腹時にカフェインを摂取した場合に、この作用が悪く働き、胃痛や逆流性食道炎に繋がるようです。

そういった胃の圧迫感から、“喉の違和感”へと感じる事があるようです。

朝食はコーヒーだけ!なんて方はいらっしゃいませんか?

バランスの良い食事に、更にコーヒーをプラスすることで、良い効果が期待出来ます。

是非ご自身の食生活も見直すきっかけにしてみてくださいね。

まとめ・カフェインの採りすぎはやっぱり厳禁!

今回は、カフェインのアレルギーをメインに見ていきました。

どちらにせよ、カフェインの過剰摂取は体に悪影響を与えてしまいそうです。

適度なコーヒー摂取が、カフェインの良い効能を発揮します。

「コーヒーを飲んで、リラックスタイム!」

コーヒー好きなら、これを生涯続けたいものですね。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。