ココアのカフェイン含有量はどのくらい?妊娠中や子供でも飲める?

【スポンサードリンク】

ホッとする甘みで大人から子供まで幅広い人気を集めているココア

そんなココアにもカフェインが含まれているのはご存知でしょうか。

ココアのカフェイン含有量は、コーヒーと比べるとかなり少ないそう。

それでも、カフェインを気にする“妊娠中”や“子供”にとっては影響がないのか、気になりますよね。

今回は、ココアのカフェイン含有量、そして妊娠中の方や子供に対する影響の有無について調べてみました。

妊娠中でも、子供でも安心してココアを楽しむためにカフェイン含有量をチェックしてみませんか?

さらに、妊娠中や子供のカフェイン摂取量の基準についても調べてみました。

カフェインはココアだけでなく、コーヒーやお茶にも含まれているので限度を知っておくと調整がしやすいですよ。

知っておくと役に立つ情報ばかりですので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。





ココアのカフェイン含有量は?

まずは、ココアのカフェイン含有量についてみてみましょう。

ココア100mlには、およそ10~30mgのカフェインが含まれているそう。

とても幅がありますよね。

実はココアパウダーには2種類あり、種類によってカフェインの量が異なります。

1つは『純ココア(ピュアココア)』で、これは純粋なココアパウダーのみのもの。

もうひとつは、ココアパウダーに砂糖やミルクを追加した『調整ココア』というものです。

“他のもの”が入る分、カフェインの濃度が薄まるため調整ココアの方がカフェイン含有量が低くなります。

また、家庭でココアを作るときには「ココアパウダー」を湯や牛乳で溶かして飲みますよね。

その時のココアの濃度によってもカフェイン量が上下するため、このように幅が広くなるというわけです。

とは言っても、同じ量のコーヒーと比べるとココアに含まれるカフェインはかなり少ない量なんですよ。



【スポンサードリンク】


妊娠中の摂取限度って?

ココアにも少量ながらカフェインが含まれていることはお分かりいただけたかと思います。

では、妊娠中もココアは控えるべきなのか、気になりますよね。

そもそも、どうして妊娠中にはカフェインの摂取を控える必要があるのでしょうか。

特に注意しておきたい理由は主に2つあります。

まずひとつめは、お腹の赤ちゃんへの影響が考えられること。

カフェインの血管収縮作用によって、母体の血流が妨げられると充分な血液が胎児へおくられない可能性が出てくるそう。

これにより、胎児の発育不良が懸念されるというわけですね。

もうひとつは、母体への影響です。

カフェインの利尿作用により、妊娠中に必要なカルシウムが尿とともに排出されやすくなるというのです。

赤ちゃんのためにカルシウムを取ろうとしても、同時にカフェインを摂取していれば意味がないことになる場合も。

このような事態を防ぐためには、摂取量の限度を知っておく必要がありますよね。

日本でははっきりと定められていないのですが、イギリスでは研究の結果、1日に200mgまでに抑えるべきとされています。

なのでココアなら1日に10杯程度(種類や濃さによりますが)までは飲んでも大丈夫と言えます。

ただし、ココア以外のカフェイン入りの飲食物についてや糖分量には気をつけてくださいね。

子供のカフェイン摂取上限は?

妊娠中のカフェイン摂取については前述の通りですが、子供のカフェイン摂取量はどうなっているのでしょうか。

まず、子供がカフェインを取りすぎるとどういった影響があるのかをチェックしてみましょう。

ひとつは妊娠中同様、カルシウムをはじめとしたミネラル分の排出が促されてしまい、成長に悪影響がでる可能性。

もうひとつは、覚醒作用が大人と比べて強く長く出てしまうため、不調に繋がるそうです。

カフェインの分解にも大人の倍以上の時間がかかるため、寝つきが悪くなったり摂取量によっては動悸やめまいを感じることも。

このようなカフェインによる体調不良を起こさないためにも、子供のカフェイン摂取量について知っておきましょう。

ちなみにカナダでは、年齢別にカフェイン摂取量の基準が定められています。

・4~6歳:45mg/1日
・7~9歳:62.5mg/1日
・10~12歳:85mg/1日

を目安とし、これ以上の年齢であれば体重50kgを目安に大人同様に摂取しても大丈夫としています。

幼い間はココアでもあまり大量に飲ませるのはよくなさそうですよね。

また、これは1日の合計摂取量。

カフェインはお茶やコーラ、チョコレートなどの食品にも入っているので気をつけるようにしてくださいね。

まとめ

ココアのカフェイン含有量と、妊娠中・子供に対する影響についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

コーヒーほどではないにしろ、気をつけておかなければならない点もあります。

ココアは“癒し系”ドリンクとして人気が高い飲み物ですよね。

あまり我慢してストレスを溜めてしまっては本末転倒です。

健康な範囲で楽しめるよう、今回ご紹介したことをしっかり覚えておいてくださいね。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェママ

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + fourteen =