コーヒーのミルク、砂糖の置き方って??

コーヒーにはつきものといってもよいくらいのものといえば、ミルクと砂糖ですよね。

コーヒーをより一層深いものにしてくれるミルクと砂糖ですが、どのような置き方をすればコーヒーをより引き立たせることができるでしょうか?

実はコーヒーの出し方にはしっかりとしたマナーがあるのをみなさんご存じでしたか?

知らなければ会社のお茶出しで大失態を起こしてしまうかもしれませんね。

そんなことを防ぐためにも今回はコーヒーについてくるミルクと砂糖の置き方についてご紹介いたします。



【スポンサードリンク】


コーヒーのミルク、砂糖の置き方作法!

コーヒーのミルク、砂糖の置き方にはマナーがあります。

それはカップの手前にスプーン、砂糖、クリームを置くことです。

それはなぜかといいますと、そのようにすることで相手にも見えやすく、扱いやすいからです。

そしてクリームの置き方は、表面積の広いふたの方を底に向けておいたほうが安定して良いでしょう。

そして、スプーンのかき混ぜる側に砂糖やクリームが来ると衛生面としてよくないので反対側に置くのが無難でしょう。

また、砂糖がスティックタイプの場合にはスプーンと二本そろえる形で受け皿の上に置きます。

ミルクも小分けタイプのものはスプーンの左側か手前の空きスペースに置くのが良いでしょう。

これらがコーヒーのミルクと砂糖の置き方です。

では実際に出すときにほかに気をつけるポイントがあるのか調べてみました。



【スポンサードリンク】


コーヒー置き方、出し方のポイント!

次からのポイントは主にビジネスの場などで使える接客としてのマナーです。

まず、コーヒーを出す前にはコーヒーが飲めるかどうか確認しましょう。

飲めない方にはほかのものを出すなどしましょう。

コーヒーと緑茶をご用意できますがどちらになさいますか、などきいて確認を取れればよいですね。

また、最初はコーヒーを出したけれども話が長くなりコーヒーが冷めたなどという場合には次に緑茶を出すなどして変化を楽しませる気遣いがあるとなおのことよいかもしれません。

そして次にコーヒーを出す順番ですが、上座から下座です。

もしどの人が一番偉いのかわからない場合は上座から出し、一人できている場合にはどうぞと一声かけて出すのが良いでしょう。

テーブルの作りなどにもより変わってきますが一般的には部屋の入口から最も遠い席が上座で入口に近いところが下座となっております。

コーヒーを出すときにはカップの持ち手の位置は右側にするのが一般的です。

というのもすぐにつかんで飲めるようにという気遣いがあるからです。

この要領でスプーンも取っ手側を右側に置くとよいでしょう。

いかがでしたか?

これらのことはちょっと面倒なことだなと思う方もいらっしゃるとおもいます。

ただ、ビジネスの場におけるコーヒーの出し方はコーヒーのテイストや香りを味わいに来たのではなく、そのおもてなしの心というものを見られているのだと思えば、自然とこのようなマナーがあるのもわかっていただけるかと思います。

念頭に入れておくことができればコーヒーをお客様に出してといわれても慌てることなく出すことができ、気遣いのできる社員としていちもく置かれるようになるかもしれません。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェタイム編集部

カフェタイム編集部

カフェでおなじみのドリンクや少しコアな話、カフェ情報などカフェに関連する情報を気ままに提供しています。