カフェミストのカスタマイズ!アーモンドミルク以外にも?探せば色々あるみたい

【スポンサードリンク】

カフェミストをカスタマイズして飲んだことはありますか?

スターバックスといえば、カスタマイズが楽しみのひとつですよね。

豆乳やアーモンドミルク、チョコソースなどを使った幅広いカスタマイズが行えます。

そこで今回は、カフェミストのカスタマイズに注目!

カフェミストで定番のカスタマイズ方法や、おすすめのカスタマイズパターン、

アーモンドミルクをはじめ、それぞれの変更・追加にかかる料金などを調べてみました。

また、カスタマイズオーダーを行うときに覚えておきたいポイントもご紹介します。

カフェミストはもちろん、スタバの他のメニューにも応用できますよ。

さらに、スタバのアーモンドミルクの特徴についてもまとめました。

アーモンドミルク自体を試したことが無い方もぜひ最後までご覧になってみてください!

そして今回紹介したカスタマイズはもちろん、お好みにあわせたオリジナルカフェミストを楽しんでくださいね。





カフェミストを楽しむには?

スタバの人気メニューである“カフェミスト”とは、ドリップコーヒーにミルクを加えた人気ドリンク。

日替わりコーヒーを使っているので、行く度に異なる風味を楽しむことが出来るおすすめの商品です。

カフェミストをよく知らない、という方はまずこちらをご覧になってくださいね。

さて、カフェミストを楽しむためにはどのようなことができるでしょうか。

そのまま頂くのも、コーヒーの風味を素直に感じることが出来て美味しいです。

ですがスターバックスはカスタマイズメニューが豊富。

それを利用しないのは勿体無いのではないでしょうか。

ミルクを豆乳やアーモンドミルクに変更してみたり、ホイップやチョコソース、キャラメルソースを追加。

バニラシロップやチョコシロップを加えるのもおすすめですよ。

以下のようにカフェミストに使えるカスタマイズには『有料』のものと『無料』のものがあります。

有料
  • ディカフェへ変更:+50円
  • ミルクの変更(豆乳・アーモンドミルク):+50円
  • ホイップの追加:+50円
  • シロップの追加:+50円
無料
  • ミルクの変更(低脂肪乳・無脂肪乳)
  • チョコソース・キャラメルソースの追加
  • コンディメントバーのパウダー・シロップ使用

これらを参考に、カフェミストを楽しむためのカスタマイズ方法を確認してみましょう。



【スポンサードリンク】


カスタマイズは難しくない!

スタバに慣れていない人にとって、カスタムオーダーを行うのはハードルが高い気がしますよね。

しかし、ポイントさえ押さえておけばカスタマイズは難しくありません。

そのポイントとは、

  • 変更
  • 追加
  • 増量・減量

この3点です。

自分が何を求めているかをはっきりと伝えるためには、この3つを重要視するようにしましょう。

1.変更

注文したいドリンク名とともに、変更する素材を伝えます。

例「カフェミストをアーモンドミルクで」

例「カフェミストをディカフェでお願いします」

2.追加

次に、追加したい素材があればそれを伝えます。

例「カフェミストにホイップを追加」

ホイップを加えることでコクとまろやかさが増し、あっさりしたカフェミストの満足感がアップします。

3.増量・減量

増減も一言添えるだけで簡単にしてもらうことが出来ます。

例「カフェミスト、ミルク多めでお願いします」

1つずつみれば難しいものではないですよね。全てまとめてオーダーするのも順に伝えるだけなので簡単です。

例「カフェミストをディカフェで、チョコソース追加」

カスタマイズを伝える前に、サイズ・ホット/アイス(カフェミストはホットのみ)を告げるとよりスムーズな注文が可能になりますよ。

また、オーダー以外にも『コンディメントバー』という無料で利用できるトッピングスペースを利用するのも手軽です。

コンディメントバーには、シナモンやココアパウダー、はちみつなどが設置。

これらは購入したドリンクに自由に追加出来るようになっています。

アーモンドミルクの特徴とそれ以外のおすすめは?

アーモンドミルクはアーモンドから作られた、ビタミンや食物繊維が豊富でヘルシーな植物性ミルク。

また、同じ植物性ミルクである豆乳よりもナッツ独特の香ばしさとコクが感じられます。

通常のミルクよりカロリーを抑えつつ、香ばしくまろやかな味わいを楽しめるのがアーモンドミルクの特徴。

その特徴からも、人気を集めた理由がうかがえますよね。

では、アーモンドミルク以外ではどのようなカスタマイズが人気なのでしょうか。

まずは『甘みを加えるカスタマイズ』です。

チョコソースやキャラメルソースをトッピングしたり、有料(+50円)の各種シロップを追加。

さらにホイップも追加すると、よりクリーミーで甘い、贅沢な味わいになります。

ソースやシロップは、その日のコーヒーによって相性が異なるため、迷ったときは店員さんに聞いてみましょう。

次は『カロリーを抑えるカスタマイズ』です。

アーモンドミルクや豆乳といった植物性ミルクへの変更はもちろん、低脂肪乳や無脂肪乳といった無料で出来るカスタマイズも人気。

追加料金がかからないため、気軽に注文できるのもポイントです。

また、ミルクの量自体を減らすという方法もあります。

最後におすすめするのは『ディカフェへの変更』です。

+50円の追加料金でカフェミストのコーヒーをディカフェに変更できます。

もちろん、ディカフェにしたうえで様々なトッピングを追加することも可能です。

このように、数多くの組合せが楽しめるので気分や好みに合わせてカスタマイズを楽しんでみてくださいね。

まとめ

カフェミストのカスタマイズについて、興味を持っていただけたでしょうか。

ベースが日替わりコーヒーという事もあり、カスタマイズパターンが本当に多い商品。

お気に入りを見つけるのも一苦労、ですがそれもまた楽しいものですよね。

ぜひ今回の記事を参考に、カフェミストのカスタマイズを楽しんでみてください!

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェママ

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。