コーヒーは肝臓に負担をかける?気をつけるべきポイントとは

【スポンサードリンク】

コーヒーのメリットデメリット10選にてお話した「コーヒー」と「肝臓」の関係。

コーヒーは肝硬変リスクを低下させるというメリットもあるといわれているのに対し、

逆に肝臓へ負担がかかる、とも言われています。

正反対の効果を提唱されると、コーヒーの飲み方についてどのように気をつければいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、コーヒーが肝臓に負担をかけると言われている理由を中心に、

コーヒーと肝臓の関係について掘り下げてみました。

肝臓にかかる負担の原因がコーヒーの何にあるのかを知ることで、

その負担を軽減させることが出来るかもしれません。

コーヒーが肝臓に働きかける作用について、そして負担となってしまう理由、

さらに負担を減らすために出来ることについて知り、より有意義なコーヒータイムを楽しんでみませんか?

ぜひ最後までご覧になってくださいね。





コーヒーは肝臓にどのように働きかける?

まず、コーヒーは肝臓に対してどのような働きを持っているのかを調べてみましょう。

日本やアメリカなどの各機関の調査では、

一日に3杯程度のコーヒーを摂取することで、肝硬変や肝臓ガンといった肝疾患のリスクが低下する。

といった研究結果が発表されています。

特にアルコールが原因での肝疾患リスクを低下させるという報告があり、

お酒を飲む方にとってコーヒーはメリットの多い飲み物に。

これは主に「クロロゲン酸」による作用といわれ、クロロゲン酸の持つ『抗酸化作用』

肝機能を低下させる原因となる『活性酸素』の発生を抑えたり、活性酸素そのものを除去する働きがあるからだそう。

もうひとつ、コーヒーの日常的な飲用により『脂肪肝』のリスク軽減も期待されています。

こちらも「クロロゲン酸」のもつ『抗酸化作用』による効果だと言われており、

肝臓に対するコーヒーのメリットの代表格となっています。



【スポンサードリンク】


肝臓に負担がかかる理由とは?

では、コーヒーが肝臓に負担をかけてしまうと言うのは何故なのでしょうか。

そもそも肝臓は、体内に吸収した栄養を分解しエネルギーへと変換する働き(代謝)や、

アルコールや薬物などの分解・解毒作用を担う臓器です。

コーヒーに含まれる「カフェイン」は化学物質のひとつですよね。

体内に取り込まれたカフェインは肝臓にて分解する必要があります。

そのため頻繁にコーヒーを摂取するということは、肝臓を休み無く働かせることになるのです。

とは言え、これは余程大量にカフェインを摂取しない限り気にするほどのことにはなりません。

具体的には、一日に3~5杯程度のコーヒー摂取なら負担よりもメリットの方が多く感じられるとの事です。

肝臓への負担について、より気をつけておきたいのはコーヒーの鮮度

コーヒーに含まれる油脂は、日にちがたつにつれ酸化してしまいます。

酸化した油分は『過酸化脂質』と呼ばれる物質になり、飲用することで体内に取り込まれます。

この過酸化脂質は通常の脂質と比べ、肝臓での分解に負担がかかってしまうそう。

なので、コーヒーは出来るだけ新鮮なうちに飲みきる事がポイントとなるわけです。

負担をかけないようにするには?

肝臓にかかる負担を抑え、コーヒーのメリットを多く取り込むためにはどのようなことに注意するべきでしょうか。

まずはコーヒーの鮮度に注意してください。

過去記事の「コーヒーの粉の保存方法について調べてみました」でもお伝えしたように、コーヒーは生鮮食品。

飲む量に応じた購入の仕方や、的確な保存方法で酸化を出来るだけ防ぐようにしましょう。

もう一点は、コーヒーを飲む量についてです。

カフェイン摂取量について、欧州食品安全機関では一日につき体重1kgあたり3mg以内までならば問題がないとしています。

体重60kgの人であれば一日あたり180mgの計算となりますね。

コーヒー1杯を150mlとすると、含まれるカフェインの量はおよそ90mg。

単純計算で、一日に3杯までの摂取にとどめるのが理想です。

自身の体重や体調にあわせ、一日のコーヒー摂取量を管理することが肝臓への負担を軽減させることに繋がるといえます。

飲む量を減らす、一日のうち、何割かをデカフェコーヒーに置き換えるなど取れる方法は様々。

負担というデメリットを減らし、肝機能へのメリットを得るためにも一度日々のコーヒーの飲み方について見直してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コーヒーを飲む理由は、目覚ましや、リラックス、体のためなど様々。

もちろん細かな理由など無く、ただ「好きだから」飲んでいる人もいることでしょう。

コーヒーが好きだからこそ、デメリットについて知っておくことが大事だと私は思っています。

コーヒーと肝臓の関係、負担やメリットのある理由について、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェママ

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。