コーヒーのミルクが危険ってホント?理由を調べてみた

【スポンサードリンク】

みなさんはコーヒーを飲むときミルクや砂糖を入れて飲みますか?

ブラックでコーヒーそのものの味や香りを楽しむのもいいですが、ミルクを入れたまろやかな味わいを楽しむのもいいですよね。

ところで、ミルクを入れて飲む人はこんな話を聞いたことがないでしょうか。

『コーヒーフレッシュは体にとって危険なもの』という説。

コーヒー用のミルクとして、フレッシュを使う方も多いことかと思います。

それが「危険」とは、一体どういう理由があるのか調べてみました。

危険といわれる理由が分かれば、対処もしやすいですよね。

今回はコーヒーミルクの種類や原材料、そして危険といわれる理由についてまとめてみました。

ミルクを入れる派の方はもちろん、普段ミルクは使わないという方も知っていて欲しいことばかり。

美味しく健康的にコーヒーを楽しむためにも、何故危険と言われているのかチェックしてみてくださいね。





コーヒーに入れるものといえば?

コーヒーにくわえるものといえば、何を思いつきますか?

大多数の人がミルクや砂糖を思い浮かべるかと思います。

砂糖の代わりにはちみつを使ったり、以前紹介した「完全無欠コーヒー」のようにオイルを入れる方もいることでしょう。

ミルクを入れることで、コーヒーの口当たりがまろやかになり飲みやすくなりますよね。

また、コーヒーとミルクの量によってカフェオレとして楽しむことも。

「ミルク」とは基本的に牛乳のことを指しますが、コーヒーに入れる場合にはその限りではありません。

粉末状の「クリーミングパウダー」や個包装で使いやすい「コーヒーフレッシュ」を使うことが多いですよね。

家では牛乳を使うという方でも、カフェなどでのコーヒーフレッシュを使ったことがあるのではないでしょうか。

そんなコーヒーの「ミルク」ですが、気になる情報が飛び交っていることにお気づきでしょうか。

「コーヒーフレッシュ」は健康によくないというのです。

この件について、他のミルクと比較しながら「なぜなのか」を確かめてみましょう。



【スポンサードリンク】


ミルクの種類と原材料は?

では、コーヒーによく使われるミルクの種類とその原材料は以下の通り。

牛乳

まずは定番の牛乳。

一般的に販売されている牛乳は加工方法により「種別」が「牛乳・加工乳・乳飲料」と分かれています。

「牛乳」は含まれる脂肪分やミネラルの調整は行うことはありますが、基本的には牛の乳(生乳)を殺菌したもの。

「加工乳」は、生乳にバターなどの「乳製品」を足すことで、乳脂肪分やコクを強くしたもの。

「乳飲料」は生乳に乳製品以外のものを足し、カルシウムや鉄分といった「栄養素」を増やしたものや、「コーヒー牛乳」のように牛乳を使用したドリンクを指しています。

基本的な原材料は生乳で、種別によっては乳製品やミネラル・ビタミンなどが添加されているというわけですね。

クリーミングパウダー

次はクリーミングパウダーです。

原材料は大きく分けて「乳原料」を中心にしているものと「植物性油脂」をメインに使用しているものの2種類。

それぞれ保存料としてpH調整剤がくわえられています。

また、植物性油脂をメインに作られている製品には「トランス脂肪酸」が含まれていて、この物質が問題視されているのです。

コーヒーフレッシュ

コーヒーフレッシュはクリーミングパウダーをより使いやすく液体状に流通させているもの。

その原材料はクリーミングパウダー同様に「植物性油脂」に乳化剤などの添加物を使用しています。

こちらも「トランス脂肪酸」が含まれています。

スキムミルク

スキムミルクとは、いわゆる「脱脂粉乳」のこと。

文字通り牛乳から脂肪分を取り除き、粉末状に加工したもので、原材料は牛乳です。

牛乳の栄養分は残し、脂肪分を取り除いたものとしてカロリーを気にする方から注目されています。

危険といわれる理由って?

コーヒーのミルクが危険と言われている理由ですが、上記のお話で予想できた方も居るのではないでしょうか。

前述した「クリーミングパウダー」や「コーヒーフレッシュ」に含まれている「トランス脂肪酸」がその理由。

「トランス脂肪酸」とは、脂に含まれる物質のひとつをさしています。

これは摂り過ぎることで「悪玉コレステロールが増える」「心臓病のリスクが高まる」といわれている物質。

そのため、これらを含む植物性油脂から作られたコーヒーミルクが危険だといわれているのです。

確かに、トランス脂肪酸や保存料などの食品添加物は体に良いものではありません。

だからといって、絶対に摂取してはならない、と極端に考える必要もないというのが現状。

そもそもトランス脂肪酸自体は天然にも存在する物質なので、牛乳、牛肉や乳製品自体にも少しは含まれています。

摂り過ぎを防ぐためには、コーヒーミルクをやめるだけよりも、日々の食生活のなかでトータルの脂肪摂取量を見直すことが大事。

もちろん気になる方は、植物性油脂由来のものから乳製品へと切り替えるのもおススメです。

美味しいコーヒーを気兼ねなく楽しめるように、自分自身の考え方にあわせた選択を取ってくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コーヒーミルクが危険だといわれている理由について、簡単にまとめてみました。

トランス脂肪酸は、よく耳にする成分ではないでしょうか?

それだけ注目度の高い成分なので、避けたいと思う方も多いことかと思います。

今回の記事を参考に、ミルクを購入するときには原材料に注目してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェママ

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。