カフェでの音楽はおしゃれ!そのおしゃれ感を検証!

カフェで流れている音楽ってなんであんなにおしゃれなんでしょうね。

しかも気持ちがリラックスするような音楽が多いですよね。

おしゃれなカフェで心地よい音楽が流れている中のんびりと珈琲を飲む時間。

おしゃれな女子や男子が楽しそうに話をしている中で紅茶を片手に過ごす時間。

最高のリラックスタイムですね。



【スポンサードリンク】


カフェで聞く音楽はなぜこんなに心地よいの?

  • 適度な音量
  • ゆったりとしたリズム
  • 歌詞が入っていない

 

【適度な音量】

いつも大勢人がいて喧しいカフェなら音量が大きくても気にならず、むしろ元気になれるかもしれません。

ソファーのあるカフェでのんびり、というところなら音量は小さめで耳障りにならない程度が理想です。

【ゆったりとしたリズム】

音量と同じで静かなカフェならやはりリズムもスローなものが良いですよね。

折角時間をとってのんびりしに来たのだからゆったりとした時間の中で過ごしたいですね。

【歌詞が入っていない】

これは人にもよると思いますが、歌詞が入っていると言葉が耳に入ってきてしまって気になるという方もいます。

逆に例えば男性ボーカルが低音でゆったりとしたリズムのものだったら気にならないという場合もあると思います。

では、カフェで流れているおしゃれな音楽は具体的にどんなものでしょうか。



【スポンサードリンク】


どんな音楽をカフェで耳にする?

  • ボサノバ風
  • アコースティック
  • オルゴール
  • クラッシック

 

【ボサノバ風】

ボサノバ風にアレンジされたカバーアルバムなども数多く出されていますね。

日本人では小野リサのアルバムは良くカフェで耳にします。

数年前にはやったクレモンティーヌのバカボンの曲をボサノバ風にアレンジしたものなどもちょっと笑ってしまいますが心地よいですね。

カフェ風おしゃれな音楽では間違いなくボサノバ風でしょう。

【アコースティック】

アコースティックギターの音が静かに店内に流れているととても気持ちが温かくなる印象があります。

カフェで生演奏を行っているところなども時々ありますね。

雰囲気がとにかくおしゃれ。

【オルゴール】

こちらも非常にリラックスできますね。

「眠れない時に聞く音楽」というようなものにオルゴールが非常に多いのですが、これはやはり脳がリラックスのα派を出してくれるからだそうです。

オルゴールの蓋を開けて静かにねじを巻き、ゆっくりと曲が流れ始めた時の心地よさを思い出しますね。

【クラッシック】

こちらは老舗のカフェに多いかもしれません。

少し荘厳な感じのカフェや昭和の雰囲気漂う喫茶店。

巡り巡っておしゃれです。

カフェの音楽がおしゃれに感じるのは雰囲気が非常に大きいと思います。

洗練された調度品、家では使わないような高級なカップ、モダンな盛り付けのスイーツ、そしておしゃれな音楽。

非日常的な雰囲気の中で聞くから余計におしゃれに感じるのでしょう。

カフェ音楽に興味ある方は種類多く販売している「カフェに流れるオムニバスCD」なども購入してみると良いかもしれません。

かなりシリーズ化されています。

家で珈琲や紅茶を淹れてそのCDをかけて目をつぶれば、途端にそこがおしゃれなカフェになっちゃうかも?

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェタイム編集部

カフェタイム編集部

カフェでおなじみのドリンクや少しコアな話、カフェ情報などカフェに関連する情報を気ままに提供しています。