ハーブティーの効能で美肌になれる!ハーブの選び方をご紹介!

【スポンサードリンク】

ハーブティーの効能や注意点についての紹介も、今回がラストです。

最後に紹介するハーブティーの効能は、女性なら特に気になる「美肌」について。

シミやシワ、ニキビなどお肌のトラブルは出来るだけ抑えておきたいですよね。

トラブルとは無縁のハリがあり若々しい美肌でいたいもの。

ハーブティーの持つ様々な効能は、体調を整えリラックスさせてくれるだけではありません。

なぜなら、多くのハーブには「美肌効果」の期待できるビタミン類が豊富に含まれています。

これらはハーブティーにしても成分が壊れることなく、簡単に摂取することが可能。

美味しいハーブティーを楽しんで気持ちはリラックス、さらに美肌という効能も手に入れられるなんて嬉しいですよね。

今回は「美肌効果」の中でも「アンチエイジング」「ニキビ対策」「乾燥肌対策」の3つの効能に注目!

それぞれのケアにぴったりの効能を持つハーブティーを紹介しますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。





ハーブティーは女性に嬉しい作用が多い!

ハーブティーによって得ることが出来る作用の多くは、女性にとって嬉しいものばかりです。

今回取り上げる「美肌」をはじめ、美容に良い効果が沢山。

その理由としてまずは「ビタミンやミネラルが豊富に含まれている」ことが挙げられます。

ビタミンもミネラルも、美容にとって大切な栄養素。

これらを豊富に含むハーブを使い、ハーブティーとして飲用することで手軽にビタミンの補給が可能になるというわけです。

他には「代謝を高める」効能をもつハーブや「利尿作用」によりむくみ対策など、ハーブによって異なる様々な効能を得ることが出来ます。

これらの効能は数多くのハーブティーから得ることが可能なんです。

ただし欲しい効能を持つハーブでも、体質などによっては飲用を控えるべきものもありますので注意してくださいね。

それでは、具体的に「欲しい効能」に対して「どんな成分を含むハーブ」を選ぶべきか紹介します。



【スポンサードリンク】


効能を知って適切なハーブを選ぼう!

まずは「アンチエイジング」を目的としたハーブティーが欲しい場合。

アンチエイジングを求めるなら、必要となるのは「抗酸化作用」を持つ栄養素です。

抗酸化作用とはシミやしわの一因となる「酸化」を抑える働きのこと。

抗酸化作用をもつ栄養素には「ポリフェノール」や「ビタミンC」などがあります。

次に「ニキビなどの肌トラブルを防ぐ」効果を求める場合。

そもそもニキビとは、色々な要因により毛穴がつまり、そこで細菌が繁殖・炎症が起きている状態のことを指します。

そのため「殺菌作用」や「抗炎症作用」を持つハーブを選びましょう。

もうひとつ「肌の乾燥対策」を目的とする場合は、体を温め血流をよくする作用を持つハーブがおすすめです。

乾燥肌は、新しい肌を生み出す「ターンオーバー」の力が弱まっていることが原因のひとつ。

血流をアップさせ、新陳代謝を整える作用を持つハーブティーを飲むことでターンオーバーの手助けになりますよ。

美肌効果が期待できるハーブって?

美肌に関する3つの目的と、それに対応する作用については先ほど紹介したとおりです。

では、それらの効果を持つ「ハーブ」はどのような種類のものがあるのでしょうか。

ハーブの種類と含まれている栄養素、期待できる効果についてまとめました。

ローズヒップ

ローズヒップは「ビタミンの爆弾」と呼ばれるほどビタミンがたっぷりと含まれています。

ビタミンA、B、C、E、Kとその種類も豊富。

コラーゲンを作り出すために必要なビタミンCは、レモンの20倍以上も含まれているそう。

さらにビタミンCには抗酸化作用もあるため「アンチエイジング」にぴったりのハーブです。

ハイビスカスローゼル

ローズヒップ同様、ビタミンCを豊富に含むハイビスカスローゼル。

それに加え、クエン酸・リンゴ酸による新陳代謝の高まりも期待できます。

ローズヒップとブレンドすることで、より多くのビタミンを摂取することができると人気のハーブです。

セージ

セージは調理に使用されるイメージが強いですが、ハーブティーとして楽しむことも出来ます。

数あるハーブの中でも高い抗酸化作用によりアンチエイジングが期待できるだけではなく、

抗菌作用やホルモンバランスを整える作用もあるためニキビ対策としても注目を集めています。

カモミール

リラックス効果で知られるカモミールは、体を温め血行をよくするという効果が期待できます。

血行がよくなると新陳代謝が高まり、肌のツヤ感も向上。

さらに、抗炎症作用が含まれているためニキビ対策にもぴったりですよ。

マリーゴールド

最後に紹介するマリーゴールドは、カレンデュラとも呼ばれています。

抗炎症作用が高く、乾燥からくる肌荒れの改善・予防効果が期待できます。

さらに、飲み終わったあとの「でがらし」を入浴剤として使用するのもおすすめ。

体の内側から、そして外側からもハーブの効能を取り入れることが出来ますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハーブティーの美容効果について、興味を持っていただければ嬉しいです。

これだけの効能を得られるハーブティーを試さないなんて勿体無いですよね。

体質には充分気をつけてハーブティーを楽しみ、心身共に癒されてみませんか?

ぜひ試してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.

カフェママ

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。

ABOUTこの記事をかいた人

子育て中の主婦。育児の息抜きにコーヒーを楽しむのが趣味の一部に。 分かりやすい文章で情報をお届けすることを大事にしていきたいと思っています。