コーヒー一杯って何g?適量は?

自宅でコーヒーを作るとき、インスタントのコーヒーであれば、さっさとスプーンで分量をきめて、お湯か水で溶かして楽しみますよね♪

一回に入れる量が何gかなんて気にせずに、自分の好みの濃さを調整して手軽に楽しめるのがインスタントコーヒーの魅力です!

もう少し本格的に楽しみたい貴方は、ドリップコーヒー優雅な一杯を楽しむでしょう。

最近では、コンビニ店にもよく見かけるようになりましたが、1パックずつ包装されていて中に既に引いた豆が入っているドリップコーヒーもあります。

一回に入れるコーヒ豆が何gかをそれほど気にせずとも簡単に本格的な味を自宅で楽しめるようになって良い感じですよね!

ですが、『コーヒーが好きな人』、『自分の好みにこだわりを持ち始めた人』、『もっとこだわってコーヒーを入れたい人』は、

コーヒー一杯に豆を何g入れたら美味しい理想のコーヒーに出会えるのか気になるのではないでしょうか。



【スポンサードリンク】


コーヒー一杯に必要な豆は何g?(ドリップタイプの目安)

3398ca3f0b860bdb38c9ddfe4f39948f_m

さて、『コーヒー一杯に必要な豆の量』ですが、これが具体的に何gなのかというのを簡単に調べてみました。

コーヒー一杯に適量な豆の量は、どれくらいの量のコーヒーを入れるのかによって変わってきます。ちなみに、コーヒ一杯の適量に関して詳しくは

こちらです。コーヒーの適量がホットコーヒーであれば一杯およそ120CC~150CCというのが目安になります。

ということは、その水の分量に合わせて基本の豆の量(何g必要なのか)が決まってくるわけですね!

さて、肝心の何gなのかというところですが、ドリップコーヒーの場合、大体10~15g(品種にもよりけり)ほどが良いようです。

10gだと薄め、15gだとやや濃いめに出来るそうなので、ドリップコーヒーの場合は、中間の13gくらいが適度な濃さのコーヒを入れるための

目安という事になりそうですね!

【スポンサードリンク】

 

コーヒー一杯に必要な豆は何g?(インスタントの目安)

b1ca3f448c12312dddb512c17fed5758_s

ドリップコーヒーを調べたついでといってはなんですが、インスタントタイプのコーヒーの一回の量も気になったので調べてみました。

インスタントの方が必要な量は少なくて済みそうな気がなんとなくしたのですが、どうでしょうか・・・

インスタントコーヒーの場合、目安量はお湯や水150CCに対して、ティースプーン一杯で約1.5gほどみたいです。

濃さの調節で二杯入れても3.0gなので、圧倒的にすくないですね。さじの大きさで量も変わりますが、いろいろ調べたところ、

150CCのお湯に対して3.0gが適量のようです!

と、ここまで来たらサイフォン式の抽出で使う豆の量も気になってきたので(笑)もう一つおまけに調べてみます!





コーヒー一杯に必要な豆は何g?(サイフォン式の目安)

3c7dbb9c5ef437b5da857614e0cb5c25_l

サイフォン式でのコーヒー豆の分量を調べたのですが、ドリップ式とあまり変わらないことが判明しました。

大体10g前後といった感じの様です。ただ、ドリップ式に比べサイフォン式の方がお湯に触れ合う時間が長くなるので、

ドリップ式に比べ若干少なくて済むようです。

まとめ

今回はコーヒ豆の適量について調べたのですが、多少は皆さんのお役に立てたでしょうか?

コーヒーの濃さには好みがありますが、いったん適量とされる目安を知ることで、

ご自身の物差しが出来、より自分の味を追求できると思います!

それでは、色んな入れ方、分量でコーヒーを楽しんでください!

 

 

【スポンサードリンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
カフェタイム編集部

カフェタイム編集部

カフェでおなじみのドリンクや少しコアな話、カフェ情報などカフェに関連する情報を気ままに提供しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ